【ラウンジ記録】ガーデンラウンジでのアフタヌーンティー - リーガロイヤルホテル東京

リーガロイヤルホテル東京の1階にある「ガーデンラウンジ」。今回は当ホテルに宿泊した際のティータイムで利用させていただきましたが、シャンデリアの輝く優雅な空間で、スイーツとドリンクをいただきながらゆったりとした時間を過ごすことができました。


目次

  1. 優雅でクラシカルな空間

  2. スイーツとドリンクメニュー

  3. 若い人も目立つ客層

  4. 総評

 

1. 優雅でクラシカルな空間


ガーデンラウンジは優雅でクラシカルな空間。

正面玄関からロビーの装花を抜けると、天井に大きなシャンデリアが輝くラウンジ「ガーデンラウンジ」があります。吹き抜けになった高い天井に輝くシャンデリアと、重厚感のある座席、そして広々とした空間はまるでバンケットホールの様。


ガーデンラウンジの天井は高く、窓からは庭園が広がる。

白を基調とした店内はクラシカルかつ洗練された印象で、ボルドーのインテリアがその空間によく映えます。大きなガラス張りの窓からは庭園の緑が一面に広がり、柔らかな光が店内に差し込むため、非常にリラックスした気持ちでティータイムを楽しむことができます。


ガーデンラウンジには噴水があり、心地よい水の音を感じる。

ラウンジ内で音楽はかかっていませんが、ラウンジ入り口の両端に小さな噴水が2つあり、心地よい水の音が安らぎを感じさせてくれます。


2. スイーツとドリンクメニュー


今回はフルーツサンドとオペラ、そしてそれに合わせて紅茶とシャンパンを頂きました。


ガーデンラウンジのメニュー「フルーツサンド」。

フルーツサンドは甘すぎず深みのある味わいの生クリームに、イチゴやキウイのフルーツの酸味が絶妙にマッチしている絶品。一緒にカトラリーも運ばれてくるので、ケーキのような感覚で頂くことができました。

ドリンクの紅茶はアールグレイをチョイス。ベルガモットのさわやかな香りがスイーツの甘味を引き立ててくれます。


ガーデンラウンジのメニュー「オペラ」。

こちらはチョコレートケーキ「オペラ」。コーヒー風味のバタークリームと、ブランデーの利いたガナッシュが交互に重ねられており、濃厚で大人な味わい。

ドリンクにはシャンパンをいただきましたが、オペラに飾られた金粉やカトラリーとの色合わせも美しく、視覚的にも楽しめるティータイムとなりました。


紅茶のメニューに変わり種はありませんが、ベーシックなものは一通り揃えられている印象です。



また、今回は注文しませんでしたが、ティースタンドに軽食やスイーツが飾られた、アフタヌーンティーセットが大変人気のようでした。

今回は10月の来館だったのでハロウィンをテーマにしたアフタヌーンティーで、かぼちゃやコウモリをモチーフにした可愛らしいスイーツの乗ったアフタヌーンティーは見た目も色鮮やかで写真を撮らずにはいられません。



3. 若い人も目立つ客層


ガーデンラウンジの客層は若く、20代の女子会利用も目立つ。。

店内は格式高そうな雰囲気も感じられますが、ラウンジの価格帯は他の高級ホテルより抑えられた印象で、女子会での利用等、20代前半ほどの若い女性グループの利用も目立ちます。

アフタヌーンティーやスイーツのメニューは見た目もこだわっており、若い女性の心を掴むような話題性のあるスイーツが多いように感じます。インスタ映えもバッチリ。


4. 総評 


ガーデンラウンジの様子。

ゆったりとした配置の座席と吹き抜けの店内は開放感があり、シャンデリアやアンティーク調の家具が作り出す優雅な空間は、他ホテルにはない素敵なラウンジでした。

客層が他の都内の高級ホテルより若干若めということもあり、肩肘を張らずゆっくりと寛ぐことができる点も、気軽に楽しめて良いと思います。


今回利用した時間帯(15時頃)では2人以上のグループがほとんどで、1人での利用客は見受けられませんでした。ティータイムを楽しみつつ、1人で読書や作業をしたりするのには少々使い勝手が悪いかもしれません。


というものの、ラウンジの雰囲気とメニューの満足感は高く、ホテルでの充実した時間を過ごすことができたように感じます。



こちらも併せてご覧ください

ホテル・レストランレポート

> リーガロイヤルホテル東京の宿泊記はこちら


レストラン予約情報

> 一休.comでラウンジ「ガーデンラウンジ」を予約


他ホテルの宿泊記


Popular Reports