【宿泊記】ウェスティンホテル東京 - エグゼクティブスイート/2021年2月


ウェスティンホテル東京の外観

前回ご紹介したホテル椿山荘に続き、国内ホテル新御三家の一角であり、外資系らしい煌びやかな印象のある「ウェスティンホテル東京」。今回はスイートルームを確保し、ワーケーションでの利用も兼ね、こちらのホテルにお邪魔しました。


また、Youtubeでも宿泊動画を公開しているので、ぜひこちらも併せてご覧ください。

チャンネル登録・高評価いただけると、とても嬉しいです!


目次

1. チェックイン

2. 客室:エグゼクティブスイート

 2−1. リビングルーム

 2−2. ベッドルーム  

 2−3. バスルーム

 2−4. アメニティ

 2−5. 客室からの眺望

3. フィットネスセンター

4. クラブラウンジ

 4−1. ティータイム

 4−2. カクテルタイム

5. ブレックファースト

6. ランチ

7. チェックアウト

8. ウェスティンホテル東京の価格・プラン



1. チェックイン

ウェスティンホテル東京の外観(恵比寿ガーデンプレイス)

ウェスティンホテル東京は、オフィスやショッピングセンター、複数の住居ビルから構成された、ラグジュアリーな複合施設「恵比寿ガーデンプレイス」の一角にあります。シャトーレストラン「ジョエルロブション」を筆頭に、それらを代表する施設の一つとして一際存在感を放つホテルでもあります。


ウェスティンホテル東京のエントランス

今回は恵比寿駅周辺からタクシーを拾って向かいましたが、ほんの数分程度で到着し、周辺施設や都心への近さを含め、アクセスの良さは抜群。


ウェスティンホテル東京の豪華なフロントの様子

ホテルに入ると、重厚感あるヨーロピアンなエレガントさに加え、美しい床のタイル模様がアクセントとなった、エグゼクティブな空間に気分が高まります。特に夜間の様子は個人的に好みで、より一層、都会的で洗練された雰囲気が強くなります。


ウェスティンホテル東京の装花の様子

一方でエントランス奥の様子はまた異なり、広々とした吹き抜けが特徴的な、優雅で開放的な空間が広がります。こちらでは、ラウンジ「The Lounge」やカジュアルダイニング「The Terrace」も備え、プライベートユースにおいても十分に楽しむことができます。


ウェスティンホテル東京のチェックインカウンターの様子

到着後のチェックイン手続きやコンシェルジュといったサービス面は非常にスマートな印象で、あらゆる問い合わせにもクイックに対応いただける点が印象的。ビジネスユースとしても、十分におすすめできるホテルであると感じます。


ウェスティンホテル東京のエレベーターホールの様子

エレベーターホールは、特に石材の配色が美しく、その煌びやかな空間に客室への期待が高まります。



2. 客室:エグゼクティブスイート

今回の滞在では、126平米と圧倒的な広さを誇る「エグゼクティブスイート」をチョイス。客室数を絞ったExecutive Clubの20階に位置する客室で、その気になる様子をご紹介していきます。



2−1. リビングルーム

ウェスティンホテル東京のエグゼクティブスイートの様子

客室に入ると、上品なオフホワイトを基調とした、開放感あふれる贅沢な空間が広がります。ヨーロピアンテイストなインテリアや、ダイナミックな模様のラグマットがアクセントとなり、間延びした様子もありません。


ウェスティンホテル東京のエグゼクティブスイートのリビングルーム

間取りはリビングルーム、ベッドルーム、ウォークインクローゼット、バスルームと分かれており、各部屋の広さは想像以上で、驚きを隠せません。

また、隣室と繋げて利用することも可能となっており、パーティーシーンや、家族での長期滞在においても不自由がないように設計されています。


各所に設置されたソファやテーブルは、それぞれ最大6名まで利用できる贅沢な作り。今回は2名での滞在でしたが、ゲストを招待してパーティーでもしようかと考えてしまいました。


ウェスティンホテル東京のエグゼクティブスイートのドリンクバー

広々としたリビングには手洗い付きのミニバーを備え、各種グラスもそれなりの数が用意されているため、使い勝手が良いです。


ウェスティンホテル東京のエグゼクティブスイートのデスク

非常にシンプルながらデスクも用意されていますが、最も魅力的であったのはBang&Olufsenの高級Bluetoothスピーカー「Beosound1」(定価20万円!)。クリアな低域と伸びのある高中域が美しいサウンドは、ホテルステイをさらに優雅なものにします。



2−2. ベッドルーム

ウェスティンホテル東京のエグゼクティブスイートのベッドルーム

ベッドルームだけでも、通常のスーペリア、もしくはデラックスルームと同程度の広さを誇ります。テレビやセンターテーブル、ソファといった基本的な構成ですが、個人的には、グリーンのカーテンのコントラストが美しく、好みな内装でした。


ウェスティンホテル東京のエグゼクティブスイートのウォークインクローゼット

ベッドルームから脇の通路には、右手にウォークインクローゼット、左手にバスルームがあります。

ウォークインクローゼットは長期滞在においても十分な収納量を確保しています。固定型のバッケージラックは、通常のスーツケースであれば2〜3台は置くことができ、ハンガーをかけることのできる場所も多いです。また、シューツリー2つ備え付けられているのもビジネスマンにとっては嬉しいところ。