【宿泊記】パークハイアットバンコク - パークルーム【タイ/バンコク滞在記】


バンコク市街の一等地に位置するホテル、パークハイアットバンコク。タイ旅行の記念すべき最初のホテルとして期待値高めでの滞在となりましたが、それを裏切らない素晴らしいサービスとハードに大満足の滞在となりました。

こちらの宿泊記では、客室「パーク・ツイン」やプール、ペントハウスバー、リビングルームの朝食を紹介していきます。


 

目次

1. ホテル概要

2. チェックイン

3. 客室 - パークルーム

 3-1. リビング / ベッドルーム

 3-2. バスルーム / アメニティ

4. プール

5. カクテルタイム - ペントハウスバー&グリル

6. 朝食 - エンバシー・ルーム

7. パークハイアットバンコクのレストラン

8. チェックアウト

9. パークハイアットバンコクの価格・プラン

10. (参考) 他ホテルの宿泊記


 

1. ホテル概要

ハイアットホテルの最上位ブランドとして2014年に開業。バンコクの一等地に建設された地上37階建ての高級複合ビル「セントラル・エンバシー」に併設されており、スパ、フィットネスセンター、プール、宴会場、ビジネスセンターなどを備えたラグジュアリーホテルです。

  • 所在地: Central Embassy, 88 Wireless Road, Lumpini, Pathumwan Bangkok, Thailand, 10330

  • アクセス: スワンナプーム国際空港より車で約45分、ドンムアン国際空港より車で約35分、BTS プルンチット駅より徒歩約3分

  • 連絡先: 02-012-1234

  • 公式サイト: LINK


 

2. チェックイン

タイの主要空港「スワンナプーム国際空港」からタクシーを拾って約60分。目的地「セントラル・エンバシー」周辺の高層ビルはどれも先進的なデザインで、日本でいうところの東京 大手町のような近未来感と活気溢れる様子に圧倒されます。


アクセスに関して、平日朝・夕方はタイ市街地の大渋滞に巻き込まれるためBTS(鉄道)での移動がおすすめ。ちなみにホテルを除いてタイのドライバーさんは基本的に英語が通じず、文字を読めないこともあるため要注意です。タクシー利用の際は配車アプリ「Grab」で目的地を設定しておくと便利です。


ホテルに到着すると、すぐにドアマンの方にチェックインを案内いただけました。ホテルのスタッフさんは皆英語が通じるので、チェックインからは非常にスムーズ。

エントランスも近未来的で、チャペルのような重厚感ある扉に高揚感を隠せません。


ホテルは「セントラル・エンバシー」内部からもアクセス可能。高級ブティックが目立つラグジュアリー感たっぷりな複合商業施設ですが、日本食のレストランやカフェ、映画館も見られ、宿泊ついでのショッピングも楽しめます。


ホテルに入ると、洗練されたモダンアートの数々と贅沢な空間づくりに魅了されます。こちらは中国人アーティスト、高偉剛氏の作品『I Were You』。

シャンパンゴールドやホワイトを基調とした空間は圧巻で、日本のホテルでは見られない、より煌びやかな"ラグジュアリー"さを感じさせます。


チェックインのため、エレベーターで10階のロビーフロアへ向かいます。ロビーフロアやレストラン、プールは9~10階と低層階に位置しており、11階より上の高層階は客室やバーに割り当てられている構造のようです。


ロビーフロアでは「セントラル・エンバシー」のユニークな形状を彫刻芸術や水盤とともに、内部から眺めることができます。内装デザインは、その美しさに定評のあるフォーシーズンズ東京大手町と同じ「ヤブ・プッシェルバーグ」で、曲線美が魅力の空間です。


レセプションはバンコク市街地を背景に、存在感ある彫刻が鎮座。

ホスピタリティも素晴らしく、スタッフさん自ら声をかけていただける姿勢は日本の高級ホテルにも通じます。繰り返しの説明にも快く応じていただき、タクシーの手配や周辺案内も非常にスムーズな対応だったのが印象的でした。


客室に向かうためのエレベーターは、吹き抜けで開放感あふれる通路の先にあります。途中には急成長を遂げるバンコクの市街地が見え、エントランスからここまで、厳選されたアートや空間づくりが織り成す素晴らしいアプローチでした。


客室のある14階へ。手続き後はベルマンの方に案内いただき、館内から客室の紹介までしていただけます。タイのホテルスタッフさんはどの方も物腰柔らかく、親しみやすいのが特徴的です。


今回宿泊する客室は、最もスタンダードな「パークルーム」のツインタイプ。予約の際、エキストラベッドの搬入を事前にお願いしていたためグローバリスト会員特典のアップグレードはありませんでしたが、バンコク観光中心の滞在においては十分すぎる充実感がありました。

客室カテゴリ

客室タイプ

広さ

スイート

​プレジデンシャルスイート

381㎡

アンバサダースイート

167~177㎡

ディプロマットスイート

115~122㎡

パークエグゼクティブスイート

93~109㎡

パークデラックススイート

66~87㎡

パークスイート

68~80㎡

スタンダード

ベイビュースイート

68㎡

パークデラックス

55~70㎡

パークルーム

48~63㎡

 
ハイアットリージェンシー東京 一休の価格・プラン
 

3. 客室 - パークルーム

降り立つ先は、オリーブ色のラグマットに、杢目の残る壁面に囲まれた、穏やかでどこか神秘的な空間。客室のドアは重厚で、“トップラグジュアリー”にふさわしい質感です。


 

3-1. リビング / ベッドルーム

スタンダードルームであっても48㎡を誇るゆとりある空間。パークハイアットバンコクは、バンコク市内でも随一の客室面積を誇ります。左手にバスルーム右手にレストルーム、正面にリビングとクローゼットが続く、スイートのような間取りに興奮します。


まずはリビング・ベッドルーム。窓際にエキストラベッドを追加いただきましたが、天井の高さとゆとりある空間づくりに全く狭く感じません。一面に縁どられた窓からは、近未来的なバンコク市街地の街並みを眺め、開放感抜群。


ベッドサイドのアートも緻密でインパクトがあります。煌びやかすぎず、しかしながら自然素材の上質な雰囲気に大満足の客室です。

操作系に関してもベッドサイドのパネルから照明やカーテンの開閉を調整でき、ハード面も何不自由ない印象です。


窓からはロビーフロアと同じく、ホテル北側の眺望が広がります。正面は開発区画なのか空地となっており、右側にあるのは「シヴァテル バンコク ホテル」で、特徴的なインフィニティ・プールの様子も見ることができます。


こちらはミニバーで、タイの寺院を思わせるユニークなデザイン。内部にはコーヒーメーカーやスピリッツ、グラスなどが用意されています。

水道水が飲めないため、飲料用水のボトルが8本用意されているのも嬉しいところ。


ウェルカムアメニティはドライフルーツ。マンゴーやバナナ、イチジクなど南国のフルーツの盛り合わせ。濃厚な味わいで、タイのホテルらしいウェルカムスイーツです。


クローゼットはウォークインクローゼットとなっており、スーツケース2台程度であれば収納と開閉が不便なく行える広さがあります。ハンガーをかけるスペースも多く、長物衣類にも対応しているので、中長期の滞在でも不便なく使える印象です。


 

3-2. バスルーム / アメニティ

バスルームの高級感はバンコクの他高級ホテルと比較しても随一。緑と調和したエネルギッシュな大都会を背景に、スタンダートとは思えない、石造りの神秘的な空間に魅了されてしまいます。


バスルームはドレッシングエリアとバスタブ、シャワーブースが1室に収まった嬉しいつくりで、スタンダートと思えないその広さには驚かされます。スタンダードながらシンクも2台あり、使い勝手も良かったです。


バスタブはゆったりとしたカップ状の形状をしており、陶器のようなマットな質感も高級感があります。バスタブ脇にトレーも設置してあり、スマートフォンや小物を置いておけるのもポイント。


リビングと同様の眺望ですが、こちらの方がさらに広角度でダイナミック。

雨季のシーズンは曇りがちなタイですが、日本の感覚としては晴れに近い日が続いていました。


シャワーブース内にはハンドシャワーとレインシャワーがありますが、水圧は若干弱めで水温の調整も時間がかかりそう。タイ共通かもしれませんが、日本より水道インフラの整備が進んでいないせいもあるかもしれません。


気になるバスアメニティは日本のパークハイアットでもおなじみのブランド「LE LABO」を採用。ただ種類は異なり、「BERGAMOTE 22」というベルガモットやグレープ、ムスクを主体とした香りに変更されています。


アメニティは歯磨きセットやシャワーキャップ、ネイルキット、くし、シェーバー、バスソルトなど基本的なものは揃っていました。追加のアメニティも注文でき、メニューにないものでも対応いただけることも多い印象です。


ドライヤーは日本では見慣れないタイプですが、1万円以上はする高価なモデルを採用。ドライヤーやヘアアイロンなど、こだわりのある方は持ち込みをおすすめしますが、タイのホテルでは変圧器も必要なので要注意。


最後にレストルームをご紹介。バスルームとは別室になっており、ウォッシュレット代わりのハンドシャワーが付属したタイの標準スタイル。

タイのトイレは紙詰まりを起こすことが多く、トイレットペーパーを流すのを躊躇しがちですが、こちらのトイレは水流も強く問題なさそうです。


 
ハイアットリージェンシー東京 一休の価格・プラン
 

4. プール

スイミングプールは、パークハイアットバンコクのシンボルともいえるほど素晴らしいデザインで、滞在の際はぜひ立ち寄っていただきたい施設の一つ。アクセスは館内のエレベーターで9階に向かい、一度バルコニーに出てから左手に進むとプールが見えてきます。

  • 営業時間:6:00~21:00

  • 場所:ホテル9階


道中は商業施設の一区画とは思えないほど穏やかです。木々に覆われたプールはまさに"都会のオアシス"で、鳥のさえずりも聞こえてくる癒しの空間。バンコクのホテルはどこもユニークなプールを備えており、プール巡りも楽しみの一つです。


ダイナミックな大都会と自然が調和したインフィニティ・プールは壮観。全長40m、深さ最大1.5メートルほどのスケールがあり、本格的なスイミングプールとしても利用できます。


日本でありがちな"本気のスイミングプール"という雰囲気ではなく、各々が自由に楽しんでいるラフな雰囲気も魅力的。プールに入らず読書を楽しむ人、「マルコ・ポーロ(目隠し鬼のような遊び)」をする家族などなど...自由気ままに過ごせます。


プールサイドのベンチに座ると水面からバンコクの高層ビルが見える、素晴らしい眺望。雨季に滞在したので全体的に曇りがちですが、乾季であれば日中晴れているので、より映える環境になりそうです。


シャワーと更衣室、ロッカーはプール奥に用意されていますが、設備が悪いので要注意。

更衣室は実質レストルーム2つ(男女一つずつ)しかなく非常に狭いため、可能な範囲で室内で着替えていくことをおすすめします。


プールサイドでカクテルを頂くのも、おすすめの楽しみ方。

ベッドサイドにメニューのQRコードがあり、スタッフさんに直接オーダーすることで持ってきていただけます。もちろん飲料用水も常備されており、安心して頂けます。


木々の様子や鳥の囀りに心落ち着かせつつ、日本では味わえない穏やかなひと時を過ごすことができました。宿泊時のおすすめスポットとして、ぜひ立ち寄ってみてください。


 
ハイアットリージェンシー東京 一休の価格・プラン
 

5. カクテルタイム - ペントハウスバー&グリル

ペントハウスバー&グリルもパークハイアットバンコクを代表するおすすめのスポットです。ホテルの34~36階を贅沢にも使った3階建て構造となっており、オープングリル、ウィスキーバー、テラスバーなど6つのコーナーを備えた複合施設となっています。

今回はバンコクの夜を楽しむため、バーにお邪魔しました。

  • 営業時間:5:30~25:00 ※木~土曜日は26時まで営業

  • 場所:ホテル34~36階


34~35階は穏やかな客室フロアから一変。2フロアが吹き抜けとなったカクテルバーはDJブースも備え、バンコクのエネルギッシュな夜を感じさせる、大人の空間です。

華やかなドレスを纏ったゲストも多く、バンコクの映えスポットとして大人気の様子。


35階には落ち着いたラウンジエリアも備えており、眺めの良いこちらの座席もおすすめ。座席は34の受付で指定でき、スタッフさんに案内いただけます。

今回の主目的は36階の屋上テラスだったので、さらに階段で上階へ移動します。


36階のオープンテラスは驚くほどの開放感。周囲にはダイナミックなタイの夜景が広がり、その高揚感に包まれながら、オリジナルカクテルやワインを頂けます。

高層階のため心地よい風が吹き、タイ特有の重い空気の匂いも感じない、心地よさもあります。


こちらは客室やプールから見えなかった南側の景色。ホテル最上階36階のため周辺に遮る建物がなく、バンコク周辺の高層ビル群を余すことなく眺められます。タイに到着してから、その発展ぶりには驚かされてばかりです。


「ホワイトレディー」など、いくつかのクラシックカクテルをオーダー。いずれもドライフルーツが添えられたオリジナルのスタイルで、嬉しいこだわりです。

カクテルはいずれも400バーツ前後(約1,500円)で日本と同等の価格帯なのは、さすがのパークハイアット。


 
ハイアットリージェンシー東京 一休の価格・プラン
 

6. 朝食 - エンバシー・ルーム

朝食はホテル9階の「エンバシー・ルーム」にて。開放感あふれる眺望、アートピースに囲まれた上質な空間とともに、非常にレベルの高いメニューの数々を楽しむことができます。

  • 営業時間:朝食 6:00~10:30、ランチ 12:00~14:30、ディナー 18:00~22:30

  • 場所:ホテル9階


天井には神話のなかの水龍をインスピレーションした、澤田広俊氏が手掛けたオブジェ「Naga」が展示され、美しい店内に見とれてしまいます。

店内はソファー席、個室の他にテラス席も備え、ビュッフェコーナー、ドリンクコーナーが分かれたつくりとなっています。


メニューの「Park Breakfast」は日本と異なりセットメニューではないので要注意。アラカルト+ビュッフェスタイルとなっており、一品一品の量が非常に多いです。滞在時は分量を聞きそびれ、大量のタイ料理が運ばれてきました...汗


こちらは洋朝食メニューのエッグベネディクト。タイのホテルではどれも色鮮やかで芸術点の高いエッグベネディクトを楽しめますが、パークハイアットのこちらは中でもおすすめの一つです。


ここからはタイ料理のアラカルトで、それぞれがメインと同等のボリューム感です。写真は1枚目から、目玉焼きをベースにトマトやソーセージ、豚肉をまぶした「カイ・クラタ」。2枚目は焼き鳥にジャスミン米、ガーリックからなる「カオガイヤーン」です。


いずれのメニューもパクチーは強くなく、特にオーダーしなくても幅広く楽しめそうな印象でした。こちらのアラカルトメニュー以外にも、ビュッフェでフルーツやジュール、コールドミート、卵料理などの一品料理が提供されるため、メインは1つ程度ですませた方が良いかと思います。


 
ハイアットリージェンシー東京 一休の価格・プラン
 

7. パークハイアットバンコクのレストラン

今回ご紹介したレストラン以外に、メインバーやアフタヌーンティーを楽しむ事の出来るラウンジもあります。また、「セントラル・エンバシー」内にはお寿司やすき焼きなどの日本食も充実しているので、そちらでの食事もおすすめです。

カテゴリ

レストラン名

場所

価格目安

オールデイダイニング

ホテル 9階

  • ティー:4,000円~

朝食

ホテル 9階

  • 朝食:5,000円~

バー

ホテル 34~36階

  • ランチ:4,000円~

  • ディナー:5,000円~

バーラウンジ

ホテル 10階

  • 軽食:1,500円~


 

8. チェックアウト

16時ギリギリまでプールを楽しんでチェックアウト。次のホテルへ移動するためのタクシーも手配いただき、海外旅行とは思えないほど非常にスムーズな滞在となりました。

サービス面、ハード面ともにバンコク滞在においては"間違いない"ホテルとして、次回のバンコク滞在時も観光拠点として利用しようと思いました。


 

9. パークハイアットバンコクの価格・プラン

パークハイアットバンコク 価格

今回の客室「パークルーム(パークツイン)」は公式ポイントとの併用で、6,900バーツ(約26,000円)で宿泊できました。ホテル単体であれば公式サイトからの予約が最安ですが、航空券との組み合わせではExpediaがおすすめなので、ぜひチェックしてみてください。

ハイアットリージェンシー東京 一休の価格・プラン

参考ですが、他予約サイトの価格比較はこのようになっています。

予約サイト (クリックで予約サイトに移動)

価格

​50,000円〜

​50,000円〜

50,000円〜

52,000円〜

45,000円~


 

10. (参考) 他ホテルの宿泊記

最後に、EnoHaru’s Hotel Reportsでは「上質な体験をより身近に」をテーマに、国内外ラグジュアリーホテルでの宿泊記や滞在動画を公開しています。気になる方はぜひ他の宿泊記もご覧ください。少しでも滞在の参考になったら嬉しいです。

ホテル宿泊記の一覧