【宿泊記】ホテル椿山荘東京 - プライムエグゼクティブスイート(庭園ビュー)


ホテル椿山荘東京のフロント前の装花の様子

国内ホテル新御三家として、他ホテルには見られない、歴史ある庭園を備える、「ホテル椿山荘 東京」。その四季折々な庭園の様子を楽しみたく庭園側のスイートルームを確保。週末の気分転換も兼ね、こちらのホテルにお邪魔しました。


また、Youtubeでも宿泊動画を公開しているので、ぜひこちらも併せてご覧ください。

チャンネル登録・高評価いただけると、とても嬉しいです!


 

目次

1. チェックイン

2. 客室 - プライムエグゼクティブスイート

 2-1. リビングルーム

 2-2. ベッドルーム

 2-3. バスルーム

 2-4. アメニティ

 2-5. 客室からの眺望

3. 庭園散策

4. ディナー - ルームサービス

5. ブレックファースト - イルテアトロ

6. チェックアウト

7. ホテル椿山荘 東京の価格・プラン 8. (参考) 他ホテルの宿泊記


 

1. チェックイン

ホテル椿山荘東京のフロント前の様子

ホテル椿山荘東京は、最寄り駅の中心地から離れ、入り組んだ住宅地の中にひっそりと佇んでいます。その敷地は想像以上に広く、特に正門からフロントまでの広々とした作りは魅力的。


ホテル椿山荘東京の外観

今回もタクシーで向かいましたが、敷地内はどこか別荘地を彷彿とさせる雰囲気があり、チェックインまでの間に、都会の喧騒を忘れさせる穏やかな空間に引き込まれます。

※最寄り駅(江戸川橋駅)からホテルまでは坂道も多く、手荷物のある方はタクシー等のお車での移動をおすすめします


ホテル椿山荘東京のロビーの様子

また、スタッフは皆様、ベテラン感ある方達で、安心感と温かみのある対応が非常に好印象でした。まさに、休日のリラクゼーションとして最適なホテルではないかと思います。


ホテル椿山荘東京のエレベーターホール

深いグリーン色の大理石で構成された空間には、その歴史を感じさせる様々な調度品が展示され、非常に重厚感ある佇まい。


ホテル椿山荘東京のフロント前から庭園を望んだ様子

一方で、フロント正面に大きく縁どられた窓からは、庭園の豊かな自然が広がり、ぬくもり溢れる唯一無二な世界観を創り出しています。


ホテル椿山荘東京のインテリア

シャンデリアや花器、展示棚といった、その空間を構成する要素はどれもが細部まで作り込まれており、様々な発見があると共に、非常に心が満たされる思いでした。


ホテル椿山荘東京の装花

また、宿泊客は少ないようですが、ラウンジは連日賑わっている様子...!コロナ禍において人をほとんど見かけないホテルもある中、こういった様子は少々嬉しくも感じてしまいます。


 
ホテル椿山荘東京 一休の価格・プラン
 

2. 客室 - プライムエグゼクティブスイート

ホテル椿山荘東京の客室までの様子

今回の客室は、60平米の広さがあり、快適に過ごすことのできる「プライムエグゼクティブスイート」。シティビューと庭園ビューがありますが、客室でゆったりと庭園を楽しみたく、後者を選択。また、チェックイン時には、庭園をより直近で楽しむことのできる低層階(5階)をアサインしてくださいました。


 

2−1. リビングルーム

ホテル椿山荘東京のプライムエグゼクティブスイート(ガーデンビュー)の様子

エグゼクティブスイートの内装は、クラシック/モダンの2種類がありますが、こちらは”クラシック”の様子。客室全体の構成は標準的ながら、カーテンやラグマット、デスク、照明具といったインテリアはどれも凝っており、ヨーロピアンクラシックなエレガントさを感じさせます。


ホテル椿山荘東京のプライムエグゼクティブスイート(ガーデンビュー)のリビング

センターテーブルを囲むように配置されたソファーは適度な厚みが心地よく、また数も多いため、ファミリーでの利用にも十分に対応できそうです。

ソファ脇のパネルにはカーテンの開け閉めを行うことのできるパネルもあり、ソファでくつろぎつつ、客室からの眺望を満喫することができます。


ホテル椿山荘東京のプライムエグゼクティブスイート(ガーデンビュー)のインテリア

色鮮やかな陶器の照明具や花柄ジャガード生地のカーテンなど、こだわり溢れるインテリアに囲まれ、その非日常的な空間に満足度も高いです。


ホテル椿山荘東京のプライムエグゼクティブスイート(ガーデンビュー)の眺望

デスク前に大きく縁取られた窓からは、ホテル椿山荘を代表する日本庭園が一面に広がります。この日は天気も良く、青空と庭園のコントラストが非常に美しく、記憶に残る1シーンとなりました。


ホテル椿山荘東京のプライムエグゼクティブスイート(ガーデンビュー)のデスク

デスク脇にはコンセント×2、USB×1、有線LAN×1を備えています。もう少々ポートが欲しい気もしますが、必要最低限で、忙しいを日常を忘れさせてくれる気もします。


ホテル椿山荘東京のプライムエグゼクティブスイート(ガーデンビュー)のクローゼット

クローゼットはエントランス脇に設置されており、両サイドからの開け閉めが可能です。鏡も多いため、身支度の際は重宝します。


ホテル椿山荘東京のプライムエグゼクティブスイート(ガーデンビュー)のクローゼット内の様子

クローゼットにはハンガーが8つ、サテンハンガーが4つあります。アイロン一式も揃えられているため、中期の滞在にも対応できそう。なお、バッゲージラックは固定型ではなく設置型のため、大型のスーツケースを利用する際は注意が必要です。


 

2−2. ベッドルーム

こちらはベッドルームの様子。清潔感ある真っ白なシーツに、和模様のベッドスローが映え、より落ち着いた雰囲気を創り出します。

また、こちらからもリビングルームと同じく、庭園の様子を存分に楽しむことができます。


ホテル椿山荘東京のプライムエグゼクティブスイート(ガーデンビュー) ベッドルームのインテリア

ベッド脇には、リビングルームと同じく、コンセントや照明やカーテンの開閉を行うことのできるボタンを備えたパネルが取り付けられており、部屋の雰囲気を損なわないデザインとなっています。


 

2−3. バスルーム

ホテル椿山荘東京のプライムエグゼクティブスイート(ガーデンビュー)のバスルーム

バスルームは、バスタブとシャワールームが別になっており、トイレも別室のタイプ。シャワールームは使い勝手に賛否両論がありますが、こちらはバスタブの真横にあるため、床が濡れる心配もありません。


ホテル椿山荘東京のプライムエグゼクティブスイート(ガーデンビュー)のシャワーブース

空間は大理石調のアイボリー色で統一されており、よりリラックスした気持ちでバスタイムを楽しむことができます。

シャワーブースはハンドシャワーのみとシンプルな構成で、水圧は若干弱いような気もするので注意が必要です。


ホテル椿山荘東京のプライムエグゼクティブスイート(ガーデンビュー)のバスタブ

バスタブもホテルで見かける通常のものながら、スマホ等を置いておけるスペースが縁に確保されているもの嬉しいところ。


 

2−4. アメニティ

バスアメニティは、おなじみL’OCCITANEの「シトラスヴァーベナ」。レモンやハーブ、グレープフルーツを基調とした、フレッシュ感・清潔感ある香り。同じL’OCCITANEの「MER&MISTRAL」や「JASMIN&BERGAMOTE」ほど濃縮された香りではないため、個人的には万人受けしやすく、肌に馴染む印象もあります。


ホテル椿山荘東京のプライムエグゼクティブスイート(ガーデンビュー)のアメニティ

その他ハミガキセット、シェービングセット、くし、マウスウォッシュ等、基本的なグッズは全て取り揃えてあります。


 

2−5. 客室からの眺望

リビング、ベッドルームの窓からは、庭園を象徴する「三重塔」等、それら全てを見渡すことができます。庭園は時と共に様子を変えていき、その眺望を楽しんでいると、時間を忘れてしまいそうになります。


また、朝と夜で15分ずつ出現する「大雲海」も最高のポジションで楽しむことができます。幻想的なその眺望は、ホテルステイならではの満足度の高い体験となりました。


また、この日は庭園を眺めつつ、持ち込みの「獺祭スパークリング」を楽しみました。夕日に照らされた庭園の様子は趣があり、日々の疲れが一気に和らぐ思いでした。


ちなみに、5階には空中庭園「セレニティ・ガーデン」もあり、こちらからも庭園の眺望を直近で楽しむことができます。暖かい季節であれば、こちらで食事を楽しみつつ庭園を眺めるのも良さそうです。


 
ホテル椿山荘東京 一休の価格・プラン
 

3. 庭園散策

ホテル椿山荘東京の庭園散策

部屋からの眺めがあまりに素晴らしいので、実際に庭園を歩き、豊かな自然と雲海の迫力を体感してみます。


ホテル椿山荘東京の庭園の様子

起伏ある庭園には様々な花や植物が植えられ、水の音が心地よく響く滝や、鯉が優雅に泳ぐ池泉、荘厳な雰囲気の三重塔など見どころ満載。


時間帯により表情を大きく変える様子を見るため、1日に何度も足を運びたくなってしまう、そんな魅力があります。


ホテル椿山荘東京の庭園の大雲海

日中から夜にかけて、何度も出現する雲海ですが見所は特に朝と夜に行われる「大雲海」。

厚みのある雲海が広大な庭園のほとんどを覆い尽くす光景は、息をのむ程幻想的な美しさがあります。


夜間は庭園全体がライトアップされ、どこか異国に来たかのような、不思議な感覚に包まれました。


 
ホテル椿山荘東京 一休の価格・プラン
 

4. ディナー - ルームサービス

ホテル椿山荘東京のルームサービスでのディナー

お部屋からの庭園の絶景を楽しむため、滞在中の夕食はルームサービスで頂きました。

前菜やスープ、肉や魚料理、カレー、和食などメニュー内容は非常に充実しています。また、お子様用メニューもセットメニュー数種類とアラカルトが選択でき、都内の高級ホテルでは珍しい気もします。


ホテル椿山荘東京のルームサービスでのディナーのカレー

今回はサーロインステーキとカレー、上天丼を注文。持参した赤ワインとサーロインステーキの相性が抜群で、美しい雲海を眺めながら過ごす時間は贅沢で幸せな瞬間でした。


サービス面においては、ルームサービスの料理は担当の方がテーブルセッティングまで全て用意していただけました。注文から提供までの時間も早く、スムーズなサービスには安心感があり信頼感が高まります。コロナ禍の状況にありながら、ここまでのサービスレベルを保てているのはさすがです。


ホテル椿山荘東京のルームサービスのクレームブリュレ

余談ですが、チェックイン後に注文した「クレームブリュレ」はトロトロで柔らかく、バニラの豊かな香りが絶品でした。カラメルも硬すぎず、サイズ感も小さめで食後にもぴったりだと思います。甘いものがお好きな方は、是非デザートとして注文してみてください!


 
ホテル椿山荘東京 一休の価格・プラン
 

5. ブレックファースト - イルテアトロ

ホテル椿山荘東京のレストラン「イルテアトロ」の様子

朝食は3階の「イルテアトロ」にて。ちなみに、朝食付のプランでルームサービスを希望の場合は追加料金がかかるので、注意が必要です。


ホテル椿山荘東京のレストラン「イルテアトロ」でのオムレツ

朝食は洋食、和食のセットメニューのどちらかから選択できますが、その他パンケーキや単品の卵料理などアラカルトメニューも充実しています。

セットメニューと同様の金額までは、アラカルトを組み合わせての注文でも良いのだとか。柔軟でゲストに寄り添ったスタイルはさすがです。


ホテル椿山荘東京のレストラン「イルテアトロ」での和朝食

今回は和食をチョイス。2段のお重のような器にはメインの魚料理や小鉢、香の物が入っています。

ご飯は、おかゆに変更が可能だったので、今回はおかゆを頂きます。おかゆには専用の餡が付いているのですが、少し甘みを感じ、あまり使用しませんでした。

その他にも明太子や茄子、とろろ、昆布など好物が沢山詰まっていて、朝からテンションが上がってしまいました!


 
ホテル椿山荘東京 一休の価格・プラン
 

6. チェックアウト

ホテル椿山荘東京の庭園

チェックアウト前に庭園を散策し、手続きへ。今回の滞在で日々の疲れが癒され、素晴らしいステイケーションとなりました。

ホテル椿山荘東京には、全部屋和室の”和室スイート(83平米)”や、庭園・三重塔を望むジャグジーを備える”ビューバススイート(93平米)”、圧倒的な広さを誇る”インペリアルスイート(280平米)”等々、他ホテルには見られない、個性あふれるスイートルームが存在します...次は別の客室を楽しんでみたい、そんな思いでこのホテルを後にしました。


 

7. ホテル椿山荘 東京の価格・プラン

2021年2月現在、GoToトラベルキャンペーンは中止の状況ですが、価格については気になる方も多いと思うので、こちらで書き留めておこうと思います。


ホテル椿山荘東京 価格・プラン

結論としては、一休.comのタイムセールが最安かと思います。今回利用した「プライムエグゼクティブスイート(庭園ビュー)」は大人2名×1泊(朝食付)で、¥55,000程度(税サ込)となります。

ホテル椿山荘東京 一休の価格・プラン

参考ですが、他予約サイトの価格比較はこのようになっています。

予約サイト (クリックで予約サイトに移動)

価格

55,000円~

​62,000円〜

67,000円〜

72,000円〜


 

8. (参考) 他ホテルの宿泊記

最後に、EnoHaru’s Hotel Reportsでは「上質な体験をより身近に」をテーマに、国内外ラグジュアリーホテルでの宿泊記や滞在動画を公開しています。気になる方はぜひ他の宿泊記もご覧ください。少しでも滞在の参考になったら嬉しいです。

ホテル宿泊記の一覧