【宿泊記】W大阪 - ファンタスティックスイート


W大阪のウェルカムトンネル

大阪の中心地心斎橋に開業したラグジュアリーライフスタイルホテル、W大阪。

今回は関西に旅行した際の拠点として利用しましたが、他ホテルでは見られないインスピレーション溢れる体験となりました。ホテルの魅力が詰まったスイートルームや、ルームサービスの朝食を紹介していきます。


今回紹介するホテルステイの様子はYoutubeでも公開しているので、こちらもぜひご覧ください。


 

目次

1. ホテル概要

2. チェックイン

3. 客室 - ファンタスティックスイート

 3-1. リビング

 3-2. ベッドルーム

 3-3. バスルーム

 3-4. アメニティ

4. 朝食 - ルームサービス

5. W大阪のレストラン

6. チェックアウト

7. W大阪の価格・プラン

8. (参考) 他ホテルの宿泊記


 

1. ホテル概要

W大阪のロゴ

ホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」が展開する最高位のラグジュアリーホテルブランド「W Hotels Worldwide」の日本初進出ホテルとして2021年3月に開業。大阪の中心地である心斎橋に位置し、レストランやバー、フィットネス&プール、スパなどを備えたラグジュアリーホテルです。


・所在地: 〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4-1-3

・アクセス: 心斎橋駅 3番出口より徒歩約3分

・連絡先: 06-6484-5812

・公式サイト: LINK


 

2. チェックイン

W大阪の外観

最寄りの「心斎橋駅」へは大阪駅・梅田駅から地下鉄御堂筋線で6分程度。そこから徒歩でホテルへ向かいます。

駅からは黒を基調としたスタイリッシュな外観が見え、その存在感は抜群。W大阪のデザインは著名な建築家である安藤忠雄氏が手がけており、内装にも期待が高まります。


W大阪のエントランス

ラグジュアリー感溢れる"W"のロゴを冠したエントランス。内部は見えないつくりとなっており、ゲートをくぐるまでのワクワク感がたまりません。


ホテルに足を踏み入れると、外観からは想像できないほど華やかなエントランストンネルが続きます。美しいネオンライトは季節によって色合いが変わり、フォトジェニックな"W"の世界観に取り込まれます。


W大阪 ピンク色のエレベーター

エレベーターに乗り、ロビーフロアへ。エレベーター内はピンク色のネオンライトで照らされた魅惑的な空間。ラグジュアリーホテルにしては明らかに派手、しかし決して下品にならない演出やデザイン性もW大阪の魅力です。


エレベーターを降りた先で広がるのは、色鮮やかなインテリアで構成されたロビーフロア。中心に位置するロビーバーは灯篭を模した照明具で彩られ、どこを切り取っても写真映えのする素敵な内装です。


可愛らしいインテリアの数々に魅了されながらチェックイン。

スタッフさんも自由度の高い装いで、ちょっとした遊び心あるサービスもこのホテルの特長。一方で丁寧さやスピード感も欠かさず、安心できます。


W大阪 ロビーフロア

決して落ち着きのある空間ではないものの、新しい発見に満ちた空間。

客層も派手な装いの若年層が多い印象で、個人的にはエディション東京虎ノ門やアンダーズ東京以上のキラキラ感に圧倒されてしまいました。


W大阪 客室フロアのエレベーター

チェックインを終え、客室へ。今回滞在するのはスイートルームの一つである「ファンタスティック」。呼称するのが少々恥ずかしい客室名ですが、これもW大阪の遊び心です。

客室カテゴリ

客室タイプ

広さ

眺望

スイート

WOW

120㎡

シティビュー

マーベラス

80㎡

​シティビュー

ファンタスティック

60㎡

シティビュー

スタンダード

スペクタキュラー

42㎡

シティビュー

ワンダフルルーム

40㎡

スカイラインビュー

コージー

40㎡


 
W大阪 一休の価格・プラン
 

3. 客室 - ファンタスティックスイート

続く客室フロアは各部屋の前にネオンライトが掲げられ、どこか近未来的。日本の伝統文様「青海波」を思わせるユニークなフロアマットも印象的で独創的な空間です。


W大阪 客室フロア

今回は12階、北東に位置する角部屋に案内いただきました。ファンタスティックは低層階のスイートですが、より高層階のスイートであれば「マーベラス」、スタンダードルームであれば高層階・角部屋の「スペクタキュラー」がおすすめ。


 

3-1. リビング

W大阪 ファンタスティックスイート

客室に入ると、60平米の広々とした空間と解放感あふれるシティービュー、そしてW大阪こだわりのインテリアの数々や特徴的なバーカウンターが並びます。


W大阪 ファンタスティックスイートのバーカウンター

W大阪の客室の魅力でもあるバーカウンターは、座席から大都会の夜景を望む、素敵なスペース。

色とりどりのカトラリーやユニークな形のカクテルグラスなど、ロビーバーに劣らぬ魅惑的な雰囲気です。


ミニバーの並びもなんともおしゃれ。なんとシェイカーやミキシンググラスも備えており、客室だけでも充実したカクテルタイムを過ごすことができます。


W大阪 ファンタスティックスイートのリビング

リビングにはテレビとソファー、センターテーブルを備え、映画鑑賞にもってこい。

テレビのHDMI入力部がバーカウンターにもあり、カウンターにいながら投影できる便利さには驚きました。


 

3-2. ベッドルーム

W大阪 ファンタスティックスイートのベッドルーム

ベッドルームはその眺望はもちろんのこと、どこか家を思わせる居心地の良さも魅力。可愛らしいクッションやアートワーク、低めに設計されたインテリアがそういった雰囲気を出しているのかもしれません。


W大阪 ファンタスティックスイートのベッド

ベッド左右の小物にも注目。アンプのようなレトロな置物や照明・カーテン開閉のスイッチなど、至る所でW大阪のオリジナリティを感じることができます。


W大阪 ファンタスティックスイートの眺望

角部屋のため、北側、東側2方面の眺望を楽しむことができます。一方、今回の客室は低層フロアということもあり、周囲のビルが気になってしまうかもしれません。


雑居ビルがひしめく大阪らしいエネルギッシュな街並み。W大阪は最上階でも27階のため、眺望だけを比較すれば他ホテルの方が良い印象があります。


 

3-3. バスルーム

W大阪 ファンタスティックスイートのアプローチ

リビングからアクセスできるバスルームまでは通路があり、進むにつれて雰囲気が変化。

途中、右手にレストルーム、左手にクローゼットがあり、わくわく感のあるアプローチです。


クローゼットの中は大阪の街並みがカラフルに描かれ、インパクト抜群。

ハンガーの数も多く、アイロン代やアイロンが常備されているのも嬉しいポイント。欲を言えば、もう少し広さが欲しかったです。


W大阪 スリッパ

Wのロゴが入ったスリッパとバスローブは真っ黒でとてもクール。ふわふわな手触りも魅力で、他高級ホテルの中でもトップクラスの気持ちよさです。


W大阪 ファンタスティックスイートのバスルーム

バスルームはグレーを基調としたモダン&スタイリッシュなしつらえ。マットなホワイトが映える、フォトジェニックなスポットです。

広さも十分すぎるほど確保され、他ホテルにはない高級感を感じます。


珍しい形状のバスタブは深さもあり、リラックス感抜群。何と言ってもバストレーが付いているのは非常に魅力的で、お湯に浸かりながらスマホをいじったりお酒を飲めたりと、非常に使い勝手が良いです。


バスタブ横のシャワーブースは黒いガラスパネルで仕切られ、なんともかっこいい内層。

使いやすさもこだわりがあり、水量を調整できるハンドルがレインシャワー後部にあるため、いきなり冷水を浴びることもないつくりになっています。


 

3-4. アメニティ

気になるバスアメニティは「Davines」のMOMOで、持ち帰り可能なタイプ。メロンやジャスミンを感じさせるフルーティーなフレグランスで、写真映えのする見た目はもちろん、バスタイムをより華やかにしてくれます。


W大阪 スキンケアグッズのアメニティ

さらに、「skin regimen(スキンレギメン)」のクレンジングクリーム、ハンドソープ、ボディソープも常備。バスアメニティと異なるブランドで、しかもクレンジングまで用意いただける素敵なこだわりです。


W大阪 アメニティ

その他歯ブラシやシェーバー、タオル、マウスウォッシュなど基本的なアメニティは全て揃っていますが、そのパッケージングが非常にユニーク。

BARE ALL = 全裸とは何かと思いきや...まさかのシェーバーでした。


W大阪 リファのドライヤー

ドライヤーもこだわりで、通常36,000円程するReFa(リファ)を採用。

"しっとりやわらかいレア髪"をつくれるとのことで、確かに使うと髪にツヤが出た気もします。同じく高級モデルのレプロナイザーと並び、SNSでも評判のドライヤーなので、ホテルで試用できるのは嬉しいです。


 
W大阪 一休の価格・プラン
 

4. 朝食 - ルームサービス

W大阪 ルームサービス アメリカンブレックファスト

朝食はセットメニューのアメリカンブレックファスト(5,310円)に加え、いくつかアラカルトで注文。ルームサービスは特注の組み立てプレートで運ばれ、色とりどりのカトラリーや料理が展開される様子に興奮を隠せません。


W大阪 ルームサービス アメリカンブレックファストの前菜

前菜はシャーレサラダやフルーツサラダ、ヨーグルトなどなど。どれも素敵なカトラリーやプレートに盛り付けられており、分量もちょうどよいです。


W大阪 ルームサービス アメリカンブレックファストのオムレツ

メイン料理は卵料理(オムレツ、スクランブルエッグ、グリーンスクランブルエッグなど)に加え、フレンチトーストやチーズカンパーニュトーストも選択可能。

今回は人気のオムレツをチョイスしましたが、楽しみがいのある選択肢です。


W大阪 ルームサービス アメリカンブレックファストのパン

パンの種類の多さもW大阪の魅力で、10種類ほどのメニューから3つ選ぶことができます。

今回は手前からイチゴのデニッシュ、左奥の食パン、右奥のピスタッチオドーナツをチョイスしてみました。


W大阪 ルームサービスのフレンチトースト

さらにはアラカルトでフレンチトースト(1,800円)も注文。周りに添えられたフルーツと生クリームの組み合わせも最高で、ユニークな青色のプレートも素敵なメニューです。


 
W大阪 一休の価格・プラン
 

5. W大阪のレストラン

W大阪 Living Room

ホテル内にもいくつかのダイニングがありますが、ホテル周辺、特に心斎橋駅には食事処も多いためレストラン選びに困ることはありません。こちらでは館内の選択肢を簡単にご紹介。

カテゴリ

レストラン名

フレンチ

鉄板焼き

Sushi UKIYO​

カフェ

フュージョン料理

プールバー

WET BAR


 

6. チェックアウト

W大阪 エントランスの虎のオブジェ

今回の滞在を通じ、単にフォトジェニックであるだけでなく、随所へのこだわりと遊び心に溢れた、"新しい体験"ができる新感覚のラグジュアリーホテルのように感じました。

普段使いでは疲れてしまいそうだけれども、大阪旅行の素敵な1シーンや記念日に宿泊、そんな時にこそ輝くホテルのように思います。


 

7. W大阪の価格・プラン

W大阪 一休価格・プラン

今回の客室「ファンタスティックスイート」は一休.comでの予約が最安で大人2名×1泊で82,000円〜(税サ込)、タイムセール利用でさらに格安になります。


W大阪 ダイアモンド会員特典

また、一休ダイヤモンド会員であればレイトチェックアウト(13時まで)、プールへの無料アクセスといった魅力的な特典があります。

W大阪 一休の価格・プラン

参考ですが、他予約サイトの価格比較はこのようになっています。

予約サイト (クリックで予約サイトに移動)

価格

82,000円~

82,000円~

82,000円~

85,000円~


 

8. (参考) 他ホテルの宿泊記

最後に、EnoHaru’s Hotel Reportsでは「上質な体験をより身近に」をテーマに、国内外ラグジュアリーホテルでの宿泊記や滞在動画を公開しています。気になる方はぜひ他の宿泊記もご覧ください。少しでも滞在の参考になったら嬉しいです。

ホテル宿泊記の一覧