【宿泊記】The Okura Tokyo Heritage Wing - ヘリテージコーナー/2021年3月


The Okura Tokyoのヘリテージウィングの外観

本宿泊記としては2回目のご紹介となる、ホテル御三家の一角「The Okura Tokyo」。前回は高層階のプレステージタワーコーナーをご紹介しましたが、今回は低層階かつ庭園ビューのバルコニーが特徴的な、ヘリテージウイングの客室を確保。週末の気分転換も兼ね、こちらのホテルにお邪魔しました。


また、Youtubeでも宿泊動画を公開しているので、ぜひこちらも併せてご覧ください。

チャンネル登録・高評価いただけると、とても嬉しいです!



目次

1. チェックイン

2. 客室:ヘリテージコーナールーム

 2−1. リビング・ベッドルーム

 2−2. バルコニー

 2−3. バスルーム

3. クラブラウンジ(スターライト)

4. カクテルタイム

5. ブレックファースト

6. チェックアウト

7. The Okura Tokyoの価格・プラン



1. チェックイン

The Okura Tokyoのプレステージタワーの装花

ヘリテージウィングには専用のフロントがありますが、今回はプレステージタワーの装花も鑑賞したく、そちらのエントランスからお邪魔しました。今季は、慎ましくもどこか自然の力強さを感じさせる桃の装花がロビーを彩ります。


The Okura Tokyoのヘリテージウィングへの通路

プレステージタワーフロントから通じる専用通路を抜け、ヘリテージウィングへ。静閑な空間が続き、その特別感ある様子に気持ちが高鳴ります。


The Okura Tokyo ヘリテージウィングの装花

ヘリテージウイングのフロントは、宿泊ゲスト以外が立ち入ることのない、静寂に包まれた心落ち着く空間。かつての旧オークラから継承された壁画を背景に、季節感溢れる桃・侘助の装花や、限りなく抑えられた装飾、そして控え目ながらも品格ある金のデザインが取り込まれています。


The Okura Tokyo ヘリテージウィングのエレベーターホール

そして何より、丁重な”おもてなし”が非常に心地よく、そういった個々の要素が、日本の伝統美を追求したホテルとして、一つの完成形を作り出しているようにも思えます。


The Okura Tokyo ヘリテージウィングのインテリア

また、滞在時は週末でしたが、他にヘリテージの利用客は2組見かけた程度。ルームチェックインを案内いただいたこともあり、そのプライベート感ある雰囲気に満足度の高いホテルステイとなりました。


The Okura Tokyo ヘリテージウィングのアートコレクション

クラブラウンジ等の一部サービスは縮小しているとはいえ、オークラらしい上質なサービスは健在。 特にヘリテージでの送迎時の対応は非常に丁寧で、車が見えなくなるまでお見送りをされている様子は、感服せずにはいられません...


The Okura Tokyo ヘリテージウィングのアート

その他ベテラン感のあるスタッフによる対応はどれも安定感があり、そういった国内ホテルならではのサービスが、上質な、落ち着きとくつろぎの空間を創り出しているのだと改めて感じます。


※なお、2021年3月現在はクラブラウンジは現在使えず、イブニングカナッペ等の食事はプレステージタワー41階のラウンジバー「スターライト」での提供に変更となっているため、注意が必要です



2. 客室:ヘリテージコーナールーム

The Okura Tokyo ヘリテージウィングの客室への通路

上質感溢れるエレベーターホールを抜け、客室へ。

今回の客室は、6階角部屋の「ヘリテージコーナールーム」。前回のEdition東京 虎ノ門からテラスのある客室に感化され、庭園を望むバルコニー付きの客室をチョイスしました。



2−1. リビング・ベッドルーム

The Okura Tokyoのヘリテージコーナールームの様子

客室に入ると、木材の重厚感と温かみあるインテリアに囲まれ、オークラらしい落ち着きに満ち溢れた空間が広がります。2面に大きく縁どられた窓からは、外の庭園や木々の様子が感じられ、都会のホテルとは思えないプライベートな別荘を彷彿とさせる様子に、満足度も高いです。


The Okura Tokyoのヘリテージコーナールームのデスク

また、プレステージと同様あらゆる収納は壁面に収まるようなこだわりデザインとなっており、レザーの小物や重厚感あるインテリアといった、個々の丁寧な作りも印象的。


The Okura Tokyoのヘリテージコーナールームの全体像

一方で、周囲のビルと近く、低層階、ということもあり、若干人目が気になるシーンも。こちらの客室はビューバスですが、外から大分見えてしまうので、ブラインドで適度に調整することをお勧めします。


夜間にはプレステージタワーのようなモダンな色が強く現れ、さらに落ち着いた印象に。周囲のビル群から感じる大都会の雰囲気と、クラシックな空間が調和し、オークラならではの空間を創り出しています。


The Okura Tokyoのヘリテージコーナールームのウォークインクローゼット