【ディナー記録】レストラン「Peter(ピーター)」でのホテルディナー - ザ・ペニンシュラ東京



目次

  1. 都会的でスタイリッシュな空間

  2. コース料理とペアリングワインを堪能

  3. バースデーサプライズ

  4. 食後のカクテルを楽しむ

  5. 総評


1. 都会的でスタイリッシュな空間

都会的でスタイリッシュなレストラン

ロビーからの直通エレベーターでホテル最上階24階にアクセスし、レストランへ。

エントランスに入ると、まず目に入るのはメインホールまでの通路と、煌びやかなバー。紫色のネオンに包まれたその空間は、「ザ・ロビー」や客室、他レストランとは全く異なり、都会的でスタイリッシュ、そしてどこか魅惑的な雰囲気を感じさせます。


時と主に色合いが変化するメインホール

時と共に紫の色合いが変化するメインホールは非常に幻想的で、見る人を飽きさせません。

それにしても、ザ・ペニンシュラ 東京の照明による空間作りへのこだわりには驚かされてばかりで、とても刺激になります。料理を待つ間、そんな素晴らしい空間が、料理とワインへの期待を膨らませます。


2. コース料理とペアリングワインを堪能

皇居をながめつつドンペリニヨンをいただく

座席は皇居が見渡せる窓際席。六本木や新宿から眺める東京の夜景とは変わり、どこか落ち着いた贅沢さを感じさせます。東京タワーは見えないものの、座席によっては東京スカイツリーがよく見えます。

また、今回は通常のコースに加え、ワインのペアリングをオーダしていました。

まずは「ドン ペリニヨン ブリュット」。


一品目は「愛媛県産伊達鮪」

そして一品目は「愛媛県産伊達鮪」。山葵がきいたソースは鮪にマッチし、そのまま食べても美味しく、手巻きにしても楽しめます。


「紅ずわい蟹のクラブケーキ」とシャルドネ

二品目は、「紅ずわい蟹のクラブケーキ」。ワインは「ザ・ペニンシュラ シャルドネ ケラーエステイト」というペニンシュラオリジナルワイン。熟成感があり、すっきりとした味わいのあるシャルドネです。


「牛サーロイン肉のグリル」とピノ・ノワール

そして、メインの「牛サーロイン肉のグリル」。ワインは先ほどと同じくオリジナルワインの「ザ・ペニンシュラ ピノ・ノワール ケラーエステート」。複雑味とともに骨格がしっかりとした味わいで、サーロインともマッチ。 一方で、後味はピノ・ノワールらしく上品な余韻を感じさせます。


コーヒーと、洋梨&キャラメルのシャーベット

デザートはコーヒー(もしくは紅茶)と、洋梨&キャラメルのシャーベット。さっぱりとした味わいで、コースの最後を締め括ります。


3. バースデーサプライズ

ここで、ゲストのためのバースデーケーキを披露。

非常に丁寧なつくりで、ホワイトチョコレートに、敷き詰められたイチゴの香りが広がります。


今回は食べきることができなかったので丁寧にパッケージしていただき、持ち帰ることができました。ちなみに、お土産で名物のマンゴープリンもいただき、感謝です。


4. 食後のカクテル


食後のカクテルは当レストランに併設されているバー「Peter バー」のカウンターでいただこうかと考えていましたが、都合悪く満席だったため、レストランの座席でカクテルを用意していただきました。


ザ・ペニンシュラ オリジナルカクテルの「東京ジョー」

こちらは、ザ・ペニンシュラ東京 オリジナルカクテルの「東京ジョー」。素材はジンをベースに、梅酒やクランベリージュース、レモンジュースで、さっぱりとした味わい。ガラス越しの夜景と相まって、視覚的にも楽しめる一杯となりました。


カクテル「マンハッタン 」

そして、店内のモダンな雰囲気に惹かれ、カクテル「マンハッタン」をオーダー。通常のマンハッタン よりドライでキレのある味わい。マラスキーノ・チェリーは、ブランデーの効いた濃厚な味わいで、バーテンダーさんのだわりを感じます。


カクテルを楽しみつつ、各々の充実した宿泊体験話に花を咲かせました。


5. 総評


今回はゲストのバースデー祝いとしての利用でしたが、その他ウェディングやデートといったプライベートで大切な場での利用もおすすめできるレストランです。


レストラン全体の雰囲気として都会的でスタイリッシュな一方、リラックスできる点は個人的にポイントが高いです。ドレスコードもスマートカジュアルとなっていますが、実際にはポロシャツ等のラフな格好の方もいらっしゃるため、他ラグジュアリーホテルのメインレストランと比べて格式高さは感じさせず、スマートかつリラックスした空間で食事を楽しむことができます。客層としても30代〜といった幅広な感じです。


料理の説明や、ソムリエによるドリンクの提案・サーブは終始スマートな印象で、きめ細やかなサービスのため不満を感じさせませんでした。自身もこの場で良い思い出ができましたし、また訪れたいなと思える、そんな素敵なレストランです。


宿泊に限らず、是非利用してみてはいかがでしょうか。

> 一休.comでレストラン「Peter(ピーター)」を予約



こちらも併せてご覧ください

ホテル・レストランレポート

> ザ・ペニンシュラ東京の宿泊記はこちら


> ザ・ペニンシュラ東京のアート紹介はこちら


その他ホテルの宿泊記


ホテル予約情報

一休の価格・プラン
公式の価格・プラン