【宿泊記】パレスホテル東京 - エグゼクティブスイート/2021年1月


パレスホテル東京の装花の様子

2021年Forbes Travel Guideで6年連続の5つ星を獲得し、まさしく国内ホテル最高峰ともいえる「パレスホテル東京」。9月にホテルのご紹介を始めて以来、最も期待値が高く、楽しみにしていたホテルの一つでもあります。

その魅力をできる限り堪能するため、今回はスイートルームを確保。こだわりと品格溢れる、その様子をご紹介していきます。



目次

1. チェックイン

2. 客室 - エグゼクティブスイート

 2−1. リビングルーム

 2−2. ベッドルーム

 2−3. バスルーム

 2−4. アメニティ

 2−5. 客室からの眺望

3. クラブラウンジ

 3−1. アフタヌーンティー

 3−2. イブニングカナッペ

4. ブレックファースト - グランドキッチン

5. チェックアウト

6. パレスホテル東京の価格・プラン



1. チェックイン

パレスホテル東京のフロントの様子

今回もタクシーでホテルへ。ベテランのドアマンによる対応に安心感を覚えつつ、名前を伝えると、自然かつ非常にスムーズな流れで、19階クラブラウンジでのチェックインに案内していただきました。


ほのかにユーカリや柑橘類といったクリーンな香りにつつまれたロビーには、日本画や墨画を模したコンテンポラリーなアートが展示され、非常に洗練された、そして趣のある佇まい。また、ロビーのガラス面からは皇居周辺の草木が見て取れ、落ち着いたアースカラーで構成されたその空間と非常に高いレベルで調和しています...


パレスホテル東京のアートの様子

他ホテルと比べても類を見ない、圧倒的な品格とどこか心温まる穏やかさを併せ持つその空間は、あらゆる感覚を満足させる、まさにホテルステイの醍醐味として個人的に定義する”上質な体験”そのものであるように感じます。


パレスホテル東京のクラブラウンジでのチェックインの様子

クラブラウンジでは、ローズハーブティーやシャンパンのウェルカムドリンクと「ザ・ギンザ」のアメニティをいただき、手続きへ。到着時にラウンジ内の利用客はおらず、非常に優雅なチェックインとなりました。

クラブラウンジの様子については、後ほど詳しくご紹介していきます。



2. 客室 - エグゼクティブスイート

クラブラウンジでの手続きを済ませ、客室のある20階へ。エレベーターを降りた先は、シンプルながら清潔感と気品溢れる上質な空間に、客室への期待も高まります。



2−1. リビングルーム

パレスホテル東京のエグゼクティブスイートのリビングの様子

客室は、オリーブやベージュ、淡いゴールド色で構成された、温かみあるデザインに、それを損なわないシンプルなインテリア...贅沢に確保されたバルコニーからは皇居御苑の木々や空の様子が感じられ、穏やかでエレガントな空間。そんなパレスホテルの客室からは、ひと際上品で清潔感ある印象を受けます。


パレスホテル東京のエグゼクティブスイートのバルコニーの様子

パレスホテルオリジナルの雑誌が用意されていたり、テレビの音響機器にはM’s Systemの高級スピーカーを採用したりと、至る所でこだわりを感じさせます。


パレスホテル東京のエグゼクティブスイートのバルコニーやアメニティ

バルコニー付近には、部屋の内外に円形テーブルがそれぞれ用意されており、アメニティのお茶やスナックとともに、その眺望を贅沢に楽しむことができます。

また、ホテルでよく見かけるPurellの消毒用ジェルにも、パレスホテルの王冠ロゴがさりげなく刻印されているといったこだわりように、驚きを隠せません。

サービス面で感じた印象と同じく、その魅力を全面に押し出さないところが、パレスホテルらしい粋なおもてなしなのかもしれません。


パレスホテル東京のエグゼクティブスイートのドリンクバー

ドリンクバーももちろん充実していますが、ウイスキー「響」やジン「六」など、様々な国産のスピリッツを取り揃えている点が特徴的。(いずれもオプションで追加費用が発生します。ちなみに、響は4万円程度...)


パレスホテル東京のエグゼクティブスイートのユーティリティの様子

リビングルームのテレビですが、ちょっと気になった点を共有します。こちらは直接HDMIケーブルを接続できず、PC接続時はデスク脇の”D-Sub端子”もしくは"RCA端子"(古い...)を利用することになります。もちろんスタッフさんにお伝えすると、付属のBDプレイヤーを取り外していただくことで接続できましたが、客室本来の素晴らしさ故、こういった箇所は非常にもったいなく感じてしまいます...



2−2. ベッドルーム

パレスホテル東京のエグゼクティブスイートのベッドルームの様子

広々としたベッドルームには、リビングルームから続く眺めの良いバルコニーや大型テレビ、ウォークインクローゼットを備え、美しさと機能性を兼ね備えた空間となっています。

特にバルコニーは非常に広く、まるで海外のリゾート地であるかのように錯覚してしまいます。


パレスホテル東京のエグゼクティブスイートのベッドルームから外をみた様子

シートは艶やかで肌触りは抜群。正面のテレビを鑑賞しつつ、ベッドでくつろぐ瞬間は快適そのもので、時間がたつことを忘れてしまうほど。


ベッド両脇には、各種照明のオンオフやレース・カーテンの開閉を行うことのできるボタンや、コンセントに加え、BOSEのBluetoothスピーカー、加湿器等を備えています。