【ホテルのすゝめ】ホテル暮らしのメリット/デメリット・費用感【2021年最新】


ホテル暮らし メリットデメリット

都内ラグジュアリーホテルの宿泊記を発信する中で、ホテル暮らしに関するご質問をいただく機会が多くなりましたので、こちらのブログでも取り上げてみたいと思います。

ホテル暮らしが気になっているが、実際どうなのか?
メリットは?デメリットは?
お金はかかるのか?

ペニンシュラ デラックススイート

本記事では、年間365日、5つ星ラグジュアリーホテルのスイートからエコノミークラスのホテルまで幅広く泊まり歩いている管理人EnoHaruが、下記を解説していきます。

>最新の高級ホテル宿泊記はこちら

  • 実体験を通じたホテル暮らしのメリット/デメリット

  • 生活レベル別の費用感

  • どんな人におすすめできるのか



目次

1. ホテル暮らしの定義

2. ホテル暮らしのメリット・デメリット

 2-1. 空間的側面

 2-2. 経済的側面

 2-3. 時間的側面

3. ホテル暮らしにかかる宿泊費用

 3-1. 安くホテル暮らししたい方(月〜10万前後)

 3-2. 適度に高級ホテルを楽しみたい方(月〜20万前後)

 3-3. 高級ホテルで暮らしたい方(月25万〜)

4. まとめ



1. ホテル暮らしの定義

本記事では、ホテル暮らしを下記のように定義しています。

  • 年間365日、ホテルもしくは旅館に宿泊 ※ホステルは除く

  • 滞在するホテル/旅館のグレードは考慮しない

  • 同一ホテルの短期滞在/長期滞在は問わない

ネットニュース記事の中には、週末のみ高級ホテルにステイしている(普段は実家や自宅)ことを、あたかも”ホテル暮らし”と紹介していたりしますが、全く勝手が異なるので注意が必要です。



2. ホテル暮らしのメリット・デメリット

ホテル暮らしのメリット・デメリットを語る上で、3つの側面があると考えています。

  • 空間的側面:衣食住を行う場所の自由・制約

  • 経済的側面:生活に伴うコスト面の自由・制約

  • 時間的側面:生活する上での時間の自由・制約


Profile

本項目では上記3つの観点における、定住(持ち家/賃貸)と比べた際のメリット・デメリットについて、実体験を元にピックアップしていきますが、その前提となる管理人EnoHaruの簡単な属性を記載しておきます。

  • 20代独身・持ち家なし

  • テレワーク可能な職場環境

  • ホテル暮らし前は東京都在住


ライフステージや職場環境によって見方も大きく変わってくるかと思うので、一つの視点としてホテル暮らしの参考にしていただけたら嬉しいです!



2-1. 空間的側面

メリット

メリット①:刺激的な毎日を過ごすことができる

テレワークによって自宅にいる時間が増え、代わり映えのしない環境に閉塞感を覚えている方は多いのではないでしょうか?個人的にも、ホテル暮らしを始めた強い要因の一つでした。

ホテルという非日常的な空間に身を置き、飽きたら別の場所に移る、そんな暮らしによって、刺激的な毎日を送ることができます。


マンスリーホテル

現在は複数のホテルを定額で楽しむことができる、「マンスリーホテル」といったサブスクもあるので、そういった生活も身近になってきています。


メリット②:理想の環境を身軽に探し求めることができる

賃貸契約や職場との距離など様々な制約の中で、なんとなく今の住環境に身を置き続けているという方も多いのではないでしょうか?

ホテル暮らしを始めることで、賃貸の退去費用や持ち家、ローンに縛られることなく、自身のライフステージや価値観に応じた理想の住環境を探し求めることができます。



デメリット

デメリット①:多くの物を所有できない

スイートルームを除き、ほとんどのホテルではクローゼットは1つ、ハンガーも多くて4個程度です。複数のホテルを転々とすることを考慮すると、衣類はもちろん、楽器やデスクトップパソコンといった娯楽道具も多く持ち運ぶことができません。

そのため、必要最低限な中でより良い物を厳選する、そんな方に向いているように感じます。


minikura

一方、最近ではサブスク等のサービスを利用することで、デメリットを軽減できます。例えば、衣類であれば保管代行サービス「minikura」や「サマリーポケット」があります。

その他、郵便物は私書箱、大きめの荷物はレンタルトランクルーム等、複数のサービスを使い分けることが重要です。


デメリット②:食環境は外部に依存する

一般的なホテルではキッチンがないため、日頃の食事はホテルのルームサービスもしくは、スーパーやコンビニでありものを購入するなど、完全に外部に依存することになってしまいます。

日頃から自炊していた方、料理が趣味の方にとってはデメリットになるかと思います。