【宿泊記】帝国ホテル東京 - 本館 デラックスルーム/2020年10月


帝国ホテルをミッドタウン日比谷から眺めた様子。

今年で開業130周年を迎え、他ホテル御三家と共に国内ラグジュアリーホテルを牽引してきた帝国ホテル。アルベルト・アインシュタインやマリリン・モンローをはじめ数々の著名人をもてなしてきた、そんな歴史ある格式高いイメージのホテルですが、どこか自宅のような心地よさがあり、数あるラグジュアリーホテルの中で最も足を運んでいるホテルかもしれません。

今回はビジネスでの利用を目的に、一週間程度のホテルステイとなりました。



目次

  1. チェックイン

  2. 客室 - 本館デラックスルーム リビング・ベッドルーム バスルーム アメニティ 客室からの眺望

  3. ディナー - パークサイドダイナー

  4. カクテルタイム - オールドインペリアルバー

  5. ブレックファースト

  6. アフタヌーンティー - インペリアルラウンジ アクア

  7. チェックアウト

  8. 帝国ホテルに格安で泊まる方法



1. チェックイン

日比谷の4つ星ホテル。ハイヤーからのおもてなしを感じることのできるエントランス

帝国ホテル東京にチェックインする際は、ハイヤーもしくはタクシーで向かうことをお勧めします。ハイヤーを降車し、ドアマン・ベルマンの案内からチェックインを行うまでの流れは本当にスムーズで、帝国ホテルならではの上質なおもてなしを感じることができます。

※写真は一休.comから引用


非常に広く、隅々まで磨き上げられたなロビー

非常に広く、隅々まで磨き上げられたなロビーは、圧倒的な格式高さと上質さを演出します。その雰囲気に圧倒されつつも、同時に心が高まるのを感じます。 

ロビー右手のチェックインカウンターはコンシェルジュデスク等を含めて10近くはあるように見えます。このあたりは他ホテルと比較しても圧倒的。


スタッフの対応は非常にきめ細かく、なにより自信をもった姿勢とその対応に感動すら覚えます。ロビーに限らず、スタッフの対応については、国内トップクラスだと思います。

12時前後のチェックアウト時は列ができることもありますが、かなり効率的に捌けている印象で、さすがの一言です。


客層としては、40代〜と年齢層が高めで、長年愛され続けているホテルであることを実感します。その雰囲気はホテルオークラやホテルニューオータニといった、他ホテル御三家に近いものがあります。


今月の装花は、アナスタシアやアルストロメリアといった、美しい秋色の花々

装花はアナスタシアやアルストロメリアといった、美しい秋色の花々がロビーを彩ります。

実は、エレベーターや客室などのいたるところに薔薇が飾られており、帝国ホテルの「花」に対するこだわりは並々ならぬものを感じます。


エレベーターホールには鏡が多数配置されている

「鏡」も帝国ホテルを知る上でのキーワードかもしれません。エレベータ内やエレベーターホールの壁面には鏡が設置されており、いつでも身だしなみを整えておけるような空間となっています。



2. 客室 - 本館デラックスルーム


リビング・ベッドルーム

広々としたデラックスルーム(本館)の写真

今回は少々長期間の滞在となるため、広め(42㎡)のデラックスルーム(本館)を選択。

煌びやかさ・派手さは控えめかもしれませんが、客室全体は落ち着いた空間に仕上がっており、非日常というよりか、どこか日常の延長線上にいるかのような感覚に包まれます。


デラックスルームのソファーとセンターテーブル

部屋の奥には、ソファーとセンターテーブルが配置されたスペースがあります。ソファーは絶妙な柔らかさで、非常に座り心地が良いです。


センターテーブルに飾られたローズ

センターテーブルには、上品な花瓶に一輪の薔薇が飾られており、窓からは東京のビル群が美しく輝きます。


非常に寝心地の良いシモンズのベッド

シモンズのベッドは寝心地がよく、ベッドメイキングも非常に丁寧な仕上がりです。


ベッド脇にはコンセント×2と、各種照明や空調の調整、カーテンの開け閉め等を行うことのできるタブレットが備え付けられている

ベッド脇にはコンセント×2と、各種照明や空調の調整、カーテンの開け閉め等を行うことのできるタブレットが備え付けられており、便利です。


高級感のある、家具の上面に取り付けられたバッゲージラック

インテリアはどれも重厚感があり、上質なものばかり。

特に、家具の上面に取り付けられたバッゲージラックは非常に高級感があり、スーツケースやビジネスバッグがいつも以上に映えます。

また、短期宿泊用のスーツケースであれば、横に広げても十分に出し入れすることのできる広さです。※写真はRIMOWA Classic Cabin S(高さ55cm×幅40cm×奥行き×20cm)


非常に広く、高級感のあるデスク

デスクは、13inchのPC一台に手帳、諸々の資料を広げても十分な広さと、なによりも高級感があります。机上にはコンセント×2に受話器やメモ帳、程よく落ち着いた明るさのライトが設置されています。ビジネス用途には十分対応できますが、強いて言えば、ベッド脇のタブレットを置いておける場所が欲しかった気もします。


クローゼットの様子

クローゼットは非常にシンプルで、客室の落ち着いた雰囲気にマッチし