【宿泊記】ヒルトン福岡シーホーク - エグゼクイティブキング


ヒルトン福岡シーホーク 外観

前回の記事ご紹介したグランドハイアット福岡とほぼ同時期、1995年に開業した「ヒルトン福岡 シーホーク」。福岡PayPayドームやビーチに隣接し、全室オーシャンビューという贅沢な眺望を誇るホテルです。


ヒルトン福岡シーホーク ももち

福岡滞在中、当初は宿泊する予定がなかったのですが、海岸沿いで夕日に照らされた外観に感動し、急遽宿泊。

今回はスイートを確保できませんでしたが、エグゼクティブフロアの客室の様子やラウンジのサービスをご紹介していきます。


 

目次

1. チェックイン

2. 客室 - エグゼクティブキング

 2-1. リビング・ベッドルーム

 2-2. バスルーム

 2-3. アメニティ

3. フィットネスセンター

4. カクテルタイム - ラウンジ シアラ

5. ブレックファースト - ラウンジ シアラ

6. チェックアウト

7. ヒルトン福岡シーホークの価格・プラン

8. (参考) 他ホテルの宿泊記


 

1. チェックイン

最寄り駅である唐人町駅からタクシーを使いホテルへ。

車寄せとメインエントランスはホテル2階に位置しており、リゾートホテルらしい規模感の大きさに圧倒されます。

※駅から徒歩20分程度かかるので、車のご利用をおすすめします


ヒルトン福岡シーホーク エントランス

ホテルに入ると、海岸沿いのホテルらしい波や潮風を思わせるレリーフや海・砂を連想させる色合いに彩られた、リゾート感溢れるエントランスが広がります。


ヒルトン福岡シーホーク トラベラーズデスク

全体的に、いわゆる“高級ホテル”というような格式高さを感じさせず、カジュアルに楽しめる、どちらかと言うとファミリー向け、そんな雰囲気があります。


ヒルトン福岡シーホーク ラウンジ シアラ

サービス面に関しては、滞在時は大幅に縮小しており、各種バーの営業はしておらず、エグゼクティブラウンジもブラッセリー&ラウンジ「Seala(シアラ)」でのサービスに代替となっていました。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブラウンジでのチェックイン

到着後は開放感溢れるシアラで紅茶や軽食をいただきつつ、チェックインの手続きを進めていただきました。


ヒルトン福岡シーホーク ロビーフロア

ヒルトン東京での経験から、ヒルトンのサービスにあまり良いイメージはありませんでしたが、こちらは東京に比べてかなりフレンドリーな対応で好印象でした。


ヒルトン福岡シーホーク 車寄せ

もちろんスタッフさんの個人差は大きいかと思いますが、ヒルトンのサービスというと、非常にあっさりとした、良く言うと等身大、そんな印象が強いです。


 
一休の価格・プラン
 

2. 客室 - エグゼクティブキング

ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブフロア

チェックインを済ませ、客室のある31階へ。

今回はワーケーションでの利用ということもあり、30~33階エグゼクティブフロアに位置する、「エグゼクティブキング(24~31㎡)」をチョイス。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブフロア

眺望は福岡PayPayドーム側(東側)と福岡タワー側(西側)の2種類がありますが、今回は前者の客室に案内していただきました。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブフロアのフロアマップ

その他ヒルトン福岡では、ホテル先端にジャグジー付のビューバスを備えた「パノラミックスイート(53~55㎡)」など、東京と比べ、安価で豪華な客室を楽しめる点も魅力的です。


 

2-1. リビング・ベッドルーム

ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングのエントランス

客室エントランスに入ると、素晴らしい眺望を背景にエグゼクティブな客室空間が広がります。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングのリビング

ブラックを基調としたインテリアにビビッドなレッドの色合いが映える、モダンなデザイン。

ツインベッドの客室だとデザインが異なり、よりファミリー向けの温かみあるブラウン・ベージュ系の色合いになっているところも面白いです。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングのベッド

全体的に非常にシンプルな作りをしており、外出の多い日程や、忙しいビジネス利用に向いている印象があります。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングのデスク

スタイリッシュなガラスの天板が特徴的な、エグゼクティブデスク。

見た目は良いのですが、コンセントがデスク中央から遠く、デスクワークには延長ケーブルが必須です。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングの眺望

背景には素晴らしい眺望が広がりますが、日差しでディスプレイが見えなくなってしまうため、手動でカーテンを閉める必要ありと....デスク位置の重要性を改めて感じました。


コーヒーメーカーは高級ホテルでおなじみの「ネスプレッソ」。ホテルによってカートリッジが異なるため、様々な香りや味わいと楽しむことができます。

冷蔵庫内はビールやミネラルウォーター、コーラ、軽食と、シンプルな内容。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングのスピーカー

その他ハード面に関しては90年代開業ということもあり、気になる箇所も多いです。

例えばベッド脇のスピーカーはBluetoothに対応しておらず、INPUTはイヤホンジャックか、iPod/旧iPhoneに代表される30ピンケーブルのみと、注意が必要です。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングのバッゲージラック

バッゲージラックとクローゼットはエントランスに設置されています。

小さめのスーツケースでもギリギリ横に広げることのできない微妙なサイズ感で、せっかく備えてあるのにもったいない気もします...


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングのクローゼット

クローゼットは必ずしも広くはありませんが、長物衣類が収納できる点や、ハンガーの多さは魅力的です。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングの眺め

とはいえ、やはり眺望は素晴らしいものがあります。左手には北九州の山々を背景に広がる海岸、右手には博多の賑わう街並みを望む、非常に贅沢な眺望を誇ります。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングのオーシャンビュー

朝方には、山々の間から昇る太陽を中央に捉え、雄大な日の出を眺めることができます。

海岸沿いの高層ホテルらしい楽しみがいのある眺望で、東京では見られない、自然溢れる様子は必見。


また、滞在中の天候は非常に良ったため、清々しい空色が海に映り、都市圏とは思えない自然の美しさが感じられました。


こちらは東側のため夕日は見ることができませんが、空が色づく様子は十分に見て取れ、思わず見惚れてしまいます。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングの夜景

海が静まりつつあるころ、博多の灯りがつき始め、大都市らしい煌びやかな夜景が広がります。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングの夜景

特に博多湾沿いを走る環状線の光は、周囲が暗い海ということもあり、非常に美しく感じられます。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングのソファー

一日の移り変わりを見ているだけでも、このホテルに泊まってよかった、そう思える素晴らしい体験となりました。


 

2-2. バスルーム

ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングのバスルーム

バスルーム全体はホワイトを基調とした清潔感ある雰囲気で、リビング・ベッドルームと同じく非常にシンプルでわかりやすい構造です。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングのバスタブ

賛否両論あるかと思いますが、こちらの客室はユニットバスタイプとなっています。

バスタブの深さや広さは個人的には十分。

シャワーに関してはレインシャワーがなくハンドシャワーのみですが、操作系はシンプルで水圧も問題ないように感じます。


 

2-3. アメニティ

ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングのウェルカムアメニティ

一休ダイヤモンド会員限定のウェルカムアメニティは、明太子のおせんべい「めんべい」。

一休のレビュー欄では不評ですが、個人的には何だかふふっとなる、そんな嬉しいチョイスです。


バスアメニティは、ヒルトン東京と同じCrabtree & EveLynの「Verbena & Lavender」。

オリーブのエキゾチックさにレモンハーブの爽やかさを感じさせる、”ザ・海外のホテル”といった濃厚な香りが特徴的。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキングのアメニティ

その他アメニティについても基本的なものは全て揃っており、統一された梱包も綺麗です。また、基礎化粧品やヘアアイロンも、他高級ホテルと同様に追加でオーダー可能かと思います。


 
一休の価格・プラン
 

3. フィットネスセンター

ヒルトン福岡シーホーク フィットネスセンター

コロナウイルスの影響もあり、滞在時のフィットネスセンターは休止中でした。

サービス等は縮小しているものの、ホテル3階の多目的会場「リゲル」で代替営業しています。


スタッフさんもいないため、自由に出入り可能。

会場自体は広くて良いのですが、機材の少なさや外の見えない周囲の圧迫感から、あまり良い環境とはいえないかもしれません。


 

4. カクテルタイム - ラウンジ シアラ

ヒルトン福岡シーホーク ラウンジ シアラでのカクテルタイム

エグゼクティブラウンジのカクテルタイム(17:00~19:00)は、ブラッセリー&ラウンジ「シアラ」にて代替。

海辺の夕日が差し込む店内は心地よい空気に包まれ、リゾート特有の穏やかなカクテルタイムを過ごすことができました。


ヒルトン福岡シーホーク ラウンジ シアラ

平日とはいえラウンジの利用者数は比較的多く、特別感はあまり感じられませんが、良くも悪くもヒルトンの特徴なのかもしれません。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブラウンジのカクテルタイム

いずれもセルフサービスですが、メニューは簡単なカナッペやケーキ、バゲットなど。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブラウンジのカクテルタイム ドリンク

ドリンクはウィスキーやジン、ウォッカといったスピリッツに加え、ワインや日本酒の種類も豊富。


ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブラウンジのカクテルタイム ワイン

赤ワインはイタリアの「SANTA CRISTINA」やチリの「SANTA DIGNA」。

いずれもフレッシュな果実味が特徴的で、様々なメニューと合わせて楽しむことができるカジュアルなワインです。


 
一休の価格・プラン
 

5. ブレックファースト - ラウンジ シアラ

ヒルトン福岡シーホーク ラウンジ シアラでの朝食

朝食もカクテルタイムと同じく、エグゼクティブラウンジからラウンジ「シアラ」での提供に変更となっています。


ヒルトン福岡シーホーク ラウンジ シアラ

今回は7時頃に伺いましたが、店内は通常フロアの宿泊ゲストも利用できるようで、少々混みがちな印象。時間をずらした方が良さそうです。


ヒルトン福岡シーホーク ラウンジ シアラの朝食メニュー

メニューはビュッフェ形式となっており、ラウンジに用意されたミニ屋台から、各自で取り分けていくスタイル。九州の特産品や食材を意識させるものが多く、東京から来た身としては、とても嬉しいポイントでした。


ヒルトン福岡シーホーク ラウンジ シアラでのオムレツ

印象的だったのは明太子入りのオムレツ。初めての組み合わせでしたが、絶妙な辛さと苦味がオムレツとマッチし、美味しかったです。


ヒルトン福岡シーホーク ラウンジ シアラ オムレツの付け合わせ

ちなみに、オムレツにはシメジやベーコン、オニオン、チーズなどの具材から選べ、何度でもオーダーできるので楽しみがいがあります。


 
一休の価格・プラン
 

6. チェックアウト

ヒルトン福岡シーホーク チェックアウト

今回はお仕事も兼ねていたため全てのサービスを楽しむことができませんでしたが、良い点・改善点含め、福岡観光での思い出となるホテルでした。

次回こそはプライベートで利用し、ジャグジー付きのスイートでオーシャンビューを満喫したい、そんな思いでこのホテルを後にしました。


 

7. ヒルトン福岡シーホークの価格・プラン

価格については気になる方も多いと思うので、こちらで書き留めておこうと思います。


一休の価格・プラン

今回の客室「エグゼクティブキング」については、結論として一休.comのタイムセール利用が最安で宿泊できるかと思います。

大人2名×1泊(ラウンジアクセス権付)で、¥30,000〜(税サ込)となります。


一休ダイヤモンド会員特典

また、ダイヤモンド会員であれば、客室の無料アップグレードやアーリーチェックイン、レイトチェックアウトも狙うことができます。

一休の価格・プラン

参考ですが、他予約サイトの価格比較はこのようになっています。

予約サイト (クリックで予約サイトに移動)

価格

30,000円~

​34,000円〜

34,000円〜

36,000円〜


 

8. (参考) 他ホテルの宿泊記

最後に、EnoHaru’s Hotel Reportsでは「上質な体験をより身近に」をテーマに、国内外ラグジュアリーホテルでの宿泊記や滞在動画を公開しています。気になる方はぜひ他の宿泊記もご覧ください。少しでも滞在の参考になったら嬉しいです。

ホテル宿泊記の一覧