top of page

【宿泊記】フォーシーズンズホテル東京大手町 - スタジオルーム


フォーシーズンズ東京大手町 スタジオルーム

東京都内で2件目の”Four Seasons Hotels”として開業し、環境・食事ともに洗練されたラグジュアリーホテル、フォーシーズンズ東京大手町。今回は記念日の利用として眺望が魅力のスタジオルームに宿泊。エストでのコースディナーやピニェートでの朝食を紹介していきます。


 

目次

1. ホテル概要

2. チェックイン

3. 客室 - スタジオルーム

 3-1. リビング / ベッドルーム

 3-2. バスルーム / アメニティ

4. ディナー - エスト

5. 朝食 - ピニェート

6. フォーシーズンズ東京大手町のレストラン

7. チェックアウト

8. フォーシーズンズ東京大手町の価格・プラン

9. (参考) 他ホテルの宿泊記


 

1. ホテル概要

フォーシーズンズ東京大手町 ロゴ

ホテルは東京 大手町の一等地、皇居に面した「OTEMACHI ONE」の高層フロアに位置。皇居を望む客室やスイート、ルーフトップテラス付きのレストラン、バー、ラウンジ、スパ、ジム、プール、共同浴場などを備えたラグジュアリーホテルです。

  • 所在地: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-2-1

  • アクセス: 大手町駅C4、C5出口より地下通路で直結

  • 連絡先: 03-6810-0600

  • チェックイン: 15:00

  • チャックアウト: 12:00

  • 公式サイト: LINK


 

2. チェックイン

フォーシーズンズ東京大手町 外観

東京 大手町駅から地下C4/C5出口で直結しているため、アクセスは抜群。これまでは大型のスーツケースを持ち運ぶことが多くタクシーでの利用がほとんどでしたが、大手町駅はエレベーターやエスカレーターの数が多く、移動も快適な印象です。


フォーシーズンズ東京大手町 エントランス

1階のエントランスに到着。名前を伝えると即座に荷物の預け入れをしていただき、39階のロビーフロアに案内いただきました。前回宿泊時のことも覚えていただいていたようで、スピーディーながらも心温まるおもてなしがフォーシーズンズ東京大手町の特徴でもあります。


フォーシーズンズ東京大手町 ロビーフロア

フロントに降り立つと目の前に広がるのは、青空が映りこんだ美しい水盤。「都会のオアシス」に相応しい環境で、一気にフォーシーズンズのハイセンスな世界観に引き込まれていきます。宿泊するたびに空模様とのコントラストが異なり、何度見ても飽きることがない象徴的な存在です。


続いて見えてくるのはアフタヌーンティーで有名な、ザ・ラウンジ。東京のスカイラインを望む素晴らしい景観と、上品さとスタイリッシュさを併せ持つデザインセンスに惹かれ、非日常感を楽しむホテルステイへの気分が一気に高まります。


レセプションに向かうと、鮮やかな装花に目を奪われます。フラワーデザインは、国内外ハイブランドのイベントで装花を手掛けてきた、フラワーデザイナー 梶谷 奈允子氏が率いるzero two THREEによるもの。季節によって変化する、美しいデザインに心が癒されます。


館内はSNSで取り上げられている印象とは裏腹に、年齢層は決して低くなく落ち着いた印象。開業以来、徐々に年齢層が上がっている気がします。マリオット上位ホテルのギラギラ・キラキラ感に疲れた、もしくは苦手な方はフォーシーズンズホテルがおすすめです。


フォーシーズンズ東京大手町 客室フロア

レセプションでのチェックインを終え、今回宿泊するスタジオルームへ。フォーシーズンズ東京大手町の客室は様々ですが、スタジオルームは角部屋・シティビューに限定された数少ない客室。その他、皇居ビューのデラックスや、フォーシーズンズスイート、エグゼクティブスイートもおすすめです。

客室カテゴリ

客室タイプ

広さ

宿泊記

スイート

インペリアルスイート

283㎡

2ベッドルーム大手町スイート

162㎡

パノラミックスイート

100㎡

プレミアスイート

81㎡

フォーシーズンズスイート

76㎡

エグゼクティブスイート

67㎡

ゲストルーム

スタジオルーム

61㎡

デラックスルーム(シティビュー/皇居御苑ビュー)

50~54㎡

スーペリア(シティビュー/皇居御苑ビュー)

49㎡


 
フォーシーズンズ東京大手町の価格・プラン
 

3. 客室 - スタジオルーム

フォーシーズンズ東京大手町 スタジオルームの玄関

荷物を事前に搬入いただき、36階の角部屋にアサインしていただきました。客室フロアは間接照明で演出されたダークトーンのモダンデザイン。落着き感のある素敵な色使いに心をときめかせつつ、客室に入ります。


 

3-1. リビング / ベッドルーム

客室に入って目に入るのは、さながらスイートかのような広々としたエントランスと、リビングが奥へと続いていく魅力的なアプローチ。通路を進んでいくと、右手にレストルームとバスルーム、左手にウォークインクローゼット、正面にリビングが配置された構造となっています。


フォーシーズンズ東京大手町 スタジオルームのリビング

まずはリビングからご紹介。リビングはベッドを中心に、大きく縁どられた窓から東京の街並みが2面に広がる、開放感溢れる空間。大手町・浅草方面を望むパノラミックビューで東京スカイツリーも見える、スイートにも勝る魅力の眺望です。


室内はシックなアースカラーを基調としており、ベッドボードやラグマット、照明によるエレガントな演出が映えます。SNSで人気なのも納得で、都内のモダンテイストなホテルの中ではトップクラスに空間が作り込まれているように感じます。


客室角部にはダイニングテーブルが設置され、東京 大手町の近未来的なビル群、そして東京を象徴するスカイツリーの姿を心行くまで楽しむことができます。また、"Happy Birthday"、"Welcome back"とさりげなく窓に描かれているのも、とても嬉しい演出でした。


フォーシーズンズ東京大手町 スタジオルームでのカクテルタイム

早速、持ち込んだスパークリングワインで乾杯。フォーシーズンズ東京大手町では、皇居御苑ビューで低層階の客室は眺望があまり良くない(目の前にビルがある)のですが、スタジオルームでは全く気にならずにお酒を楽しめます。


ユーティリティーに関しても、快適さへの工夫が感じられます。ベッドサイドにはもちろんのこと、テレビ脇のボードにもコンセントとUSBポートが設置されてあり、窓際のダイニングテーブルでお仕事ができます。唯一、コンセントが2つずつあると尚良かったです。


ウェルカムアメニティは季節のフルーツに加え、誕生日記念として、レストランで提供されるオリジナルケーキやお手紙まで用意していただけました。予約時に記念日であることを伝えてはいなかったのですが、期待を上回る素敵なサービスです。


リビングにはミニバーもあり、中でもグラス類が既に用意されてあるのが魅力的。シャンパングラスとワイングラスを電話で注文する必要もありません。また、コーヒーカートリッジやオリジナルのティーパックも複数あり、充実している印象です。


モダンデザインの中に、急須などの茶器やオリジナルのほうじ茶に煎茶、茶菓子など、和のテイストも光ります。中でもウェルカムアメニティの「はちみつ木の実」は非常に美味しく、おつまみとしても抜群です。


上質感溢れ、広々としたウォークインクローゼットもフォーシーズンズ東京大手町の特徴。長物衣類に対応した高さを確保しつつ、バッゲージラックは固定型と移動型の二つがあるため、使い勝手が良いです。また、厚みのあるハンガーや天板の質感も魅力的です。


 

3-2. バスルーム / アメニティ

フォーシーズンズ東京大手町 スタジオルームのバスルーム

バスルームは日本橋方面に向いたビューバスタイプで、シャワーブースとバスタブが分離したスタイル。デラックスルームは一体型となっているので、使い勝手は好みが分かれそうです。


フォーシーズンズ東京大手町 スタジオルームのバスタブ

マットな石材を用いたバスタブはフォーシーズンズ東京大手