【宿泊記】フォーシーズンズホテル東京 丸の内 - フォーシーズンズエグゼクティブスイート/2021年6月


フォーシーズンズ東京丸の内 エントランスの様子

2002年、国内2店舗目となるフォーシーズンズホテルとして開業した、4つ星ホテル「フォーシーズンズホテル東京 丸の内」。総客室数57室と、都内では「高輪・花香路(16室)」や「雅叙園(60室)」と並ぶ、個性的なスモールラグジュアリーホテルという印象があります。


初のステイとなりますが、今回もスイートルームを確保。アフタヌーンティーも予約し、期待に胸を弾ませつつこちらのホテルにお邪魔しました。

※記事でご紹介するホテルステイの様子は、Youtubeでも公開しているので、ぜひご覧ください


 

目次

1. チェックイン

2. 客室 - フォーシーズンズエグゼクティブスイート

 2-1. リビングルーム

 2-2. ベッドルーム

 2-3. バスルーム

 2-4. アメニティ

3. アフタヌーンティー - MAISON MARUNOUCHI

4. ブレックファースト - ルームサービス

5. チェックアウト

6. フォーシーズンズホテル東京 丸の内の価格・プラン


 

1. チェックイン

フォーシーズンズ東京丸の内 チェックイン

ホテルに足を踏み入れると、凛としたジャスミンやブラックティーにココナッツやバニラを感じさせる、そんな大人の余裕と遊び心を思わせる香りの中、こだわり抜かれたコンテンポラリーアートや意匠の数々が織りなす、洗練された空間が広がります。


フォーシーズンズ東京丸の内 エントランスホール

美しく自然光が射すロビーやエレベーターホール、客室等、ホテルの随所でそれらのアートや、ホテルを構成するインテリアの”質感”へのこだわりが見てとれ、これぞ”一流”と思わせるラグジュアリーホテルであると感じさせます。

 

フォーシーズンズ東京丸の内 インテリア

余談ですが...最近、ラグジュアリーホテルとは何か?を考える機会が増えました。個人的には、価格や権威性以上に、”歴史・伝統・文化”、”新しい価値の創造”、”製品(ホテルとしてのモノとサービス両面)としての品質”という要素が重要なのでは?と考えています。Four Seasons Resort&Hotelsはそれらにおいて非常に高いレベルにあると感じており、今後の横浜や大阪への展開が待ち遠しいです。


フォーシーズンズ東京丸の内 コンシェルジュ

サービス面に関しては、The Okuraのヘリテージを彷彿とさせる、日系老舗ホテルに代表されるようなきめ細やかでパーソナライズされたサービス。スモールラグジュアリーであることを存分に活かした接客形式で、満足度も高いです。


フォーシーズンズ東京丸の内 ロビー

そのため送迎も手厚く、エントランスでは1組に対し、4、5名程度でアテンドしていただけます。また、東京駅のプラットホームまで出迎えていただけるオプションもあり、おもてなしへの熱いこだわりが伺えます。


 

2. 客室 - フォーシーズンズエグゼクティブスイート

チェックインを終え、客室へ。

エレベーターを降りると、正面のインパクトあるアートに目を奪われます。周囲の関節照明やラグマットとのコントラストも美しく、非常に作り込まれた空間に客室への期待も高まります。


フォーシーズンズ東京丸の内 客室フロア

今回はデスクワークも兼ねていたため、フォーシーズンズエグゼクティブスイート(72㎡)をチョイス。滞在時は、アクセスの良い3階エレベーター脇に位置する、東京駅側の客室をアサインしていただきました。


 

2-1. リビングルーム

フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートのリビングルーム

コンテンポラリーな大型デスクを中心に、金木目を思わせるラグマットや、上品な杢目の壁面に飾られたダイナミックなアート、質感の良いレザーインテリア等を配した、まさにラグジュアリーなプライベートオフィス。


フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートのリビングルーム

中でも、エグゼクティブスイートの名前に恥じぬ、”ビジネス”に配したこだわりの数々が魅力的に感じます。


例えば、デスクは通常のL字型デスクよりも自由度の高さと広さを感じさせ、背後にはバッゲージラックがあるため、荷物の取り出しもスムーズで非常に機能的。

ウォークインクローゼットにガーメントバッグが常備されている点も、他ホテルに見られない特徴です。


エントランス付近には、ミニバーやクローゼット、姿見が設置されており、デスクを中心としながら極力移動しなくても利用できる、取り回しやすさが魅力。

ドリンク揃えは良いですが、カトラリーに少し工夫が欲しかったところ。


フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートのクローゼット

クローゼットはエントランス付近と、バスルームのウォークインクローゼットがあり、長期滞在や長物衣類にも十分に対応できるサイズ感です。


フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートのユーティリティ

ハード面に関しては、リビングのテレビにはHDMI等に対応したパネルが配されており、コンセントやケーブル周りは問題ないように思います。


<①トイレ ②中>

一方で、2000年代の開業ということもあり、特に水回りで古さを感じさせる箇所も。 

例えば、エグゼクティブスイートではトイレがエントランスとバスルームの2箇所に設置されていますが、ウォッシュレット付は後者のみ。

雰囲気作りが素晴らしいため、少々残念に感じてしまいます。


フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートの眺望(リビングルーム)

客室からは、東京から有楽町の景観に加え、新幹線が行き交う様子を間近に、そして何度も眺めることができます。鉄道には詳しくないものの、その迫力ある様子に興奮を隠せません。


フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートのデスク

今回宿泊したエグゼクティブスイートではデスク正面に景色を眺めることのできる構造となっていたため、時間によって変わりゆく眺望を楽しみつつ、充実したワークタイムを過ごすことができました。


 

2-2. ベッドルーム

フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートのベッドルーム

ベッドールームは、質感の良いインテリアの数々に加え、すぐそばを新幹線が通りすぎるという贅沢な眺望を誇ります。

低層階かつこれだけ近くにもかかわらず、振動や騒音が一切ないのは驚きです。


フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートのインテリア

個人的に好みの色合い・デザインだったチェア。

ベッドルームは東京駅側により近い位置にあるため、新幹線がホームに並ぶ様子をくつろぎつつ眺めることができます。


フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートのスピーカー

ベッド脇のインパネは正面からは見えない作りとなっており、コンテンポラリーな雰囲気を演出。BOSEのBluetoothスピーカーも他ホテルではブラック色が多い中、シルバー色となっており、より洗練された印象があります。


フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートの眺望(ベッドルーム))

眺望に関しては、個人的に東京駅やJPタワー(KITTE)、東京ビルTOKIAといった丸の内を代表とするビル群に光が灯り出す、夕方がおすすめ。


フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートの眺望(ベッドルーム))

新幹線が5〜10分毎という高頻度で見られることも個人的には衝撃的でしたが、近年の高層ホテルには見られない発見があり、大人でも見ていて飽きることのない眺望のように感じます。


 

2-3. バスルーム

フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートのバスルーム

バスルーム全体は、石材の重厚感ある印象に加え、ガラスやステンレスを多用したスマートな雰囲気。床面はダークカラーですが、決して清潔感を損なわない、絶妙なデザインです。


杢目の美しい小物入れや、どこか近未来的な印象のあるシャワーボール等、ひとつひとつはシンプルながら、どれもこだわり抜かれているように感じます。


フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートのシャワーブース

バスルームのシャワーは、ハンドルを引き出すことでハンドシャワーとレインシャワーの切り替えを行うタイプ。切り替え前は冷水状態でレインシャワーが流れるので、注意が必要です。


フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートのバスタブ

光の演出と、ダークトーンの床面とのコントラストが映えるバスタブ。

こちらは想像以上に深く、ゆったりと寛ぐことができる広さがあり、リラックス感は抜群。


フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートのバストレー

また、バストレーが用意されているのも魅力的。

他ホテルではシャングリ・ラ東京等でも見かけましたが、非常に使いやすいため、もっと導入されてもよい気がします。


フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートのウォークインクローゼット

バスルームから続くウォークインクローゼットには、安定感あるバッゲージラックや多数のハンガーを取り揃えています。

前述のようにガーメントバッグがある等の魅力もあるのですが、個人的にはもう少々リビングルームに近い位置にあると使い勝手もさらに良かったのでは、と思います。


 

2-4. アメニティ

フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートのウェルカムアメニティ

ウェルカムアメニティは、季節のフルーツ。中でも、みずみずしく甘さが際立つマスカットが印象的。

持ち込みのワインとも相性が良く、そのフレッシュ感を存分に楽しむことができました。


フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイート ロクシタンのアメニティ

気になるバスアメニティは、L’OCCITANEのAMANDEシリーズ。その名の通りアーモンドを主体にしながら、リッチなバニラや甘いココナッツのきいた、煌びやかな香り。

ホテル全体のフレグランスにも通ずる香りで、より優雅でリラックス感のある様子に仕上がっています。


フォーシーズンズ東京丸の内 エグゼクティブスイートのアメニティ

その他アメニティについても基本的なものは全て揃っています。もちろん、基礎化粧品やヘアアイロンといった美容関連用品も追加でオーダー可能です。


 

3. アフタヌーンティー - MAISON MARUNOUCHI

フォーシーズンズ東京丸の内 maison marunouchi

アフタヌーンティーは、6月にオープンしたばかりの「MAISON MARUNOUCHI」にて。東京の喧騒から離れ、落ち着いたティータイムを過ごすことができました。


店内は東京駅や丸の内のビル群をバックに、存在感あるバーカウンターを備え、モダンテイストで統一された美しい環境。

洗練された雰囲気の中、大きなガラス窓からは電車が行き交う様子を楽しむこともできます。


フォーシーズンズ東京丸の内 オリジナルカクテル

こちらのアフタヌーンティーの大きな魅力は、サービスのスタイルと、セイボリーの質の高さ。まるでフレンチのコース料理のように一皿ずつサーブされ、こだわりの詰まった内容に魅了されます。


フォーシーズンズ東京丸の内 アフタヌーンティーのセイボリー

一品目のハマグリのピクルスは、ひんやりとした酸味のあるジェルとハマグリが清涼感ある印象で、オリジナルカクテルと合わせ、暑い季節にぴったり。


その他チキンレバーパルフェや花ズッキーニ、煮込み子豚コロッケなど、いずれも奥行き深く楽しみがいのある味わいに加え、視覚的にも楽しめるコースで、アフタヌーンティーとしての満足度はここ最近でトップクラスのように感じます。


フォーシーズンズ東京丸の内 アフタヌーンティー

スイーツはスタイリッシュなティースタンドでの提供。

ピーチジャスミンタルトやピーチフィナンシェなど、旬のフルーツを使ったスイーツは絶品。個人的には、蕎麦茶ムースレモンカードのマイルドな酸味となめらかな口当たりが非常に好みでした。


セイボリーとスイーツに加え、紅茶の種類も豊富。クラシックティーはもちろん、メロンの紅茶やチャイ、ウィスキークリームなど、フレーバーティーの充実度には驚かされました。


 

4. ブレックファースト - ルームサービス

フォーシーズンズ東京丸の内 ルームサービスの朝食

朝食は、ブレッドやヨーグルトなどの軽食がメインの”CONTINENTAL BREAKFAST”と、メイン料理のチョイスとブレッドや飲み物がセットになった、”THE MARUNOUCHI BREAKFAST”があり、今回は後者を頂きました。


フォーシーズンズ東京丸の内 朝食のオムレツ

メインは「宮崎県産からすみ オムレツ」をチョイス。

通常のオムレツとは大きく異なる、円形のオムレツの上に、からすみが贅沢にトッピングされていて斬新。ふんわりとした優しい味わいの卵に、カラスミの塩味が加わり絶品。飽きることなく箸が進みます。


あじのなめろうやキンキの煮付けなど、ホテル朝食としては珍しい和食のメニューもあり、気になります。


フォーシーズンズ丸の内 朝食のバゲット

他にも、洋食の場合はパン(クロワッサンorパン・オ・ショコラ)とバーチャーミューズリー、ジュースとホットドリンクがセットになり、充実した内容です。


フォーシーズンズ丸の内 朝食 バーチャーミューズリー

オムレツの奥にあるバーチャーミューズリーは、オートミールやドライフルーツ、ナッツをミルクやフルーツジュースに漬けて柔らかくしたローフードで、かなり好みの出そうな食感と味わいでした。個人的には、柔らかすぎる食感とスパイスの香りが少々苦手でした...


 

5. チェックアウト

フォーシーズンズ丸の内 美しいエントランス

今回の宿泊を通じて、ホテル全体のインテリアのみならず、食や香りといった、ラグジュアリーへの様々なこだわりを感じとることができ、流石「フォーシーズンズホテル」と思わせる上質な体験の連続でした。


次回宿泊時は、ビューバスの「1ベッドルームスイート(88㎡)」での滞在はもちろん、プライベートオフィスとして長期利用したい、そんな思いでこのホテルを後にしました。


 

6. フォーシーズンズホテル東京 丸の内の価格・プラン

2021年7月現在、依然としてGoToトラベルキャンペーンは中止の状況ですが(こちらは望み薄かもしれませんね...)、価格については気になる方も多いと思うので、こちらで書き留めておこうと思います。


フォーシーズンズ丸の内 一休の価格・プラン

今回の客室「フォーシーズンズエグゼクティブスイート」については、結論として一休.comのタイムセールが最安で宿泊できるかと思います。

大人2名×1泊(朝食付)で、¥80,000程度(税サ込)となります。

※直近のプライベートセールでは¥72,000のプランも見かけたので、ぜひチェックしてみてください!

一休の価格・プラン

参考ですが、他旅行系サイトの価格を含めた最安値(税サ込)の比較はこのようになっています。

・一休.com: ¥80,000程度

・楽天トラベル: ¥100,000程度

・公式サイト: ¥110,000程度

・じゃらん: N/A(取扱なし)


 

こちらも併せてご覧ください

他ホテルの宿泊記


ホテル予約情報

一休の価格・プラン
楽天トラベルの価格・プラン
ホテル公式サイトの価格・プラン

Photo Gallery

Coupon

各社の高級ホテル・旅館の特集や、クーポン情報を掲載。​ご予約の際に活用ください。

SPGアメックス_11.jpg

ご招待案内を送付しました

限定タイムセール_太目.jpg
タイムセールまとめ_43.jpg
5と0のつく日は5%オフ
楽天ふるさと納税×楽天トラベル
じゃらん_15%オフ_43.jpg