【宿泊記】セルリアンタワー東急ホテル - コーナースイート/2021年6月


セルリアンタワー東急ホテル エントランス

開業20周年を迎えながらも色褪せず、今でも目覚ましい発展を続ける渋谷において、その景観を代表するものの一つ、「セルリアンタワー東急ホテル」。日頃利用しない渋谷だけに、気になっていたホテルでもあります。

今回もホテル独自のこだわりを楽しむべくスイートルームを確保し、こちらのホテルにお邪魔しました。


また、Youtubeでも宿泊動画を公開しているので、ぜひこちらも併せてご覧ください。

チャンネル登録・高評価いただけると、とても嬉しいです!


 

目次

1. チェックイン

2. 客室 - コーナースイート

 2−1. リビングルーム

 2−2. ベッドルーム

 2−3. バスルーム

 2−4. アメニティ

3. エグゼクティブラウンジ

 3−1. ブレックファースト

 3−2. アフタヌーンティー

4. カクテルタイム - ベロビスト

5. チェックアウト

6. セルリアンタワー東急ホテルの価格・プラン


 

1. チェックイン

セルリアンタワー東急ホテル ラウンジ

ホテルに入ると、トーンダウンした照明に照らされ、落ち着きと開放感溢れるエントランスホールに目を奪われます。どこかウェスティン東京を連想させるロビーデザインに、背景の緑が映える、シンプル&リラックス感ある空間が広がります。


セルリアンタワー東急ホテル ラウンジの雰囲気

渋谷という土地柄故か、決して格式高さを感じさせない、カジュアルで親しみやすい雰囲気。これまで宿泊してきたラグジュアリーホテルとまた違った様子に興味をひかれます。


セルリアンタワー東急ホテル クラブラウンジでのチェックイン

ホテル到着後はエグゼクティブラウンジでのチェックインに案内いただきました。

緊急宣言下のためラウンジでのアルコール提供はなく、泣く泣くノンアルコールスパークリングワイン”Duc de Montage”で乾杯。


セルリアンタワー東急ホテル クラブラウンジの様子

利用客は決して多くはありませんが、客層はカップルから家族まで、年齢も非常に幅広く、どんな方にとっても親しみやすいホテルであることが見て取れます。


セルリアンタワー東急ホテル 夜間のエントランス

サービス面での印象は、総じてフレンドリーで心温まるサービスながらも、決してそのサービス・おもてなしを押し出さない、そんな印象を持ちました。いわゆるきめ細かいフルサービスではないものの、その適度なカジュアルさがセルリアンらしさを作り出している気もします。


 

2. 客室 - コーナースイート

セルリアンタワー東急ホテル エグゼクティブフロア エレベーターホール

チェックインを済ませ、客室のある36階へ。プライベートというよりか、仕事目的といった方がしっくりくる、そんな落ち着きと気品ある佇まいの中、客室へ。


セルリアンタワー東急ホテル エグゼクティブフロア

今回は36階エグゼクティブロアに位置するコーナースイート(85~88㎡)に滞在。

フロアマップによると、コーナースイートは1フロア2部屋のみ。渋谷駅を眼下に、北の新宿から西の世田谷区までを一望できる客室にアサインしていただきました。


 

2−1. リビングルーム

セルリアンタワー東急ホテル コーナースイート

スイートルームは、オーセンティックバーを連想させる落ち着いた照明に照らされた、エグゼクティブ感漂う空間。ブラウンやグレーといったダークトーンを基調としながらも、パープルやボルドー色のインテリアが魅惑的な印象を与えます。


セルリアンタワー東急ホテル コーナースイートのリビングルーム

シックな雰囲気だからこそ、渋谷の夜景が美しく映えるのも魅力的。

スイートルームはリニューアルされたばかりとのことで、各種インパネ、クーラーといった設備の充実具合はもちろんのこと、客室全体も雰囲気良く仕上げられているように感じます。


セルリアンタワー東急ホテル コーナースイートのバーカウンター

客室の魅力は沢山ありますが、カクテルタイムを彩るインテリアの数々もその一つ。

リビングルームにはバーカウンターのようなテーブルが用意されており、さながら高層階に位置するホテルバーのよう。


グラス等のカトラリーも充実。ミニバーはリビング・ベッドルームどちらにも用意されており、Sghrのワイングラスを中心に、様々なシーンやお酒に合わせて楽しむことができます。


セルリアンタワー東急ホテル コーナースイートのミニバー

クラブラウンジでのアルコールが提供されていないこともあり、クーラーの中のドリンクは全て無料とのこと。ワインがないのは残念ですが、ビールやペリエ、その他エナジードリンク等が10本以上用意されています。

部屋飲みが主体となっている今だからこそ、その魅力が光る客室であると思います。


各所に配置された、大型クーラー付きのミニバーや、コンセント・HDMIポート、そしてゴミ箱等、細部まで使い勝手の良さへのこだわりが感じられますが、WiFiが不安定かつ速度も遅いのが気になるところ...特にリビングルームでは顕著です。おそらく無線LANルータの貸し出しで対応できるかと思いますが、リモートワーク時は注意が必要です。


セルリアンタワー東急ホテル コーナースイートの夜景(渋谷駅方面)

高層ビルの少ない渋谷だからこそ、その夜景も唯一無二の素晴らしさがあります。

渋谷スクランブルスクエアを筆頭とする近未来的な建物を背景に、各所のサイネージに映るポップな広告や新旧が織りなす街並みからは、どこか"New Retro"な雰囲気を感じます。


セルリアンタワー東急ホテル コーナースイートの夜景(世田谷方面)

多種多様のセンセーショナルな文化が混在する、そんなエネルギッシュな渋谷の夜景を眺めることができるのは、セルリアンタワー東急ホテルならではの体験と言えます。


セルリアンタワー東急ホテル コーナースイートの眺望(渋谷駅方面)

朝方には、夜間見えなかった東京のスカイラインも、より鮮明に。

MIYASHITA PARKや代々木公園手前の新国立競技場、遠方には新宿の時計塔やコクーンタワー、パークハイアット東京と、近年の東京を象徴とする建築物を一望できます。


セルリアンタワー東急ホテル コーナースイートの眺望(渋谷駅方面)

西側には地平線まで広がる世田谷の住宅街が続き、長いこと湾岸エリアに在住していた身としては非常に新鮮で、楽しみがいのある眺望でした。


今回は36階の客室でしたが、同程度の階層のホテルといえば、プリンスギャラリー東京紀尾井町やマンダリンオリエンタル東京、フォーシーズンズホテル東京大手町、東京エディション虎ノ門等々...どれもその土地に馴染んだ”テーマ”を感じさせる眺望で、優劣つけがたいところがあります。


 

2−2. ベッドルーム

ベッドルームは華美な装飾を廃し、上品な和のテイストで構成されています。リビングルーム以上に落ち着き溢れる、素晴らしい雰囲気に。


セルリアンタワー東急ホテル コーナースイートのベッドルーム

サイドソファーやテーブルも配置されており、客室全体を通して、非常に居心地の良い空間に仕上がっているように感じます。


セルリアンタワー東急ホテル コーナースイートのベッドルームの夜景

ベッドルームからはリビングルームの夜景に加え、世田谷方面の街並みを見渡すことができます。高層ビルが立ち並ぶ夜景では見られない、魅力ある眺望です。


朝方には、遠くの新宿の街並みを中央に捉え、周囲の緑とともに、よりリラックス感ある印象が強くなります。


ベッド脇のユーティリティも他ホテル以上に充実している印象。

特にライトニング対応のケーブル×2が両サイドに配置されている点は好印象。

Bluetoothスピーカーは、同じみBOSE SoundLink Mini。


セルリアンタワー東急ホテル コーナースイートのクローゼット

設備に関しては、リビングルームとベッドルームの間にクローゼット、バッゲージラック、エントランスを備えており、各部屋からのアクセスも抜群。

クローゼットはシンプルながらも、ハンガーの数や広さ等、基本的なポイントは抑えられているように感じます。


セルリアンタワー東急ホテル コーナースイートのバッゲージラック

バッゲージラックは固定型で、クローゼットとは別の場所に配置されてあるタイプ。

こちらの方がクローゼット内の長物衣類の邪魔になることがないため、個人的には好み。

広さも十分で、スーツケース2つ分程度のスペースが確保されています。


 

2−3. バスルーム

セルリアンタワー東急ホテル コーナースイートのバスルーム

ビューバススタイルのバスルームは、マンダリンオリエンタル東京のそれを彷彿とさせる、石材で構成された重厚感ある様子。

他ホテルと比較して大きな特徴は少ないものの、広すぎず狭すぎずといったところで、実用的な印象を持ちました。


セルリアンタワー東急ホテル コーナースイートのシャワーブース

バスルーム裏にはシャワーブースとトイレを確保。

シャワーの操作系はシンプルなものの、レインシャワーがなかったり、水圧が若干弱めだったりと、少々物足りなさも感じます。


バスルームからはベッドルームと同等の眺望を楽しむことができます。

ちなみに、ブラインドは手動で操作するタイプ。昨今のラグジュアリーホテルにしては珍しい気もします。


 

2−4. アメニティ

セルリアンタワー東急ホテル コーナースイートのバスアメニティ

バスアメニティはANAインターコンチネンタル東京と同じ、L’OCCITANEの”MER&MISTRAL”ですが、こちらはさらに大きめのボトル。

国内ラグジュアリーホテルの中では珍しいマリンノートで、シトラス系の爽やかさの中にムスクやウッディのような奥深さも感じさせる香りです。


セルリアンタワー東急ホテル コーナースイートのアメニティ

その他アメニティについても基本的なものは全て揃っており、梱包もスタイリッシュ。もちろん、基礎化粧品やヘアアイロンといった類のものも追加でオーダー可能です。


 

3. エグゼクティブラウンジ

セルリアンタワー東急ホテル クラブラウンジのソファー席

エグゼクティブフロア(32~37階)滞在者は、35階エグゼクティブラウンジでのチェックイン/アウトの他、フードプレゼンテーションを楽しむことができます。


セルリアンタワー東急ホテル クラブラウンジ

ラウンジ内は、オークウッドのような温かみあるインテリアで構成された、穏やかな空間

。渋谷の西側、世田谷区方面の眺望を背景に、ソファー席やカウンター席、テーブル席を備えます。


特に気張った様子もなく、自由気ままに本を読んだり、ドリンクを楽しんだりと、そんなリラックス感ある雰囲気でした。


 

3−1. ブレックファースト

朝食は、卵料理のみをオーダーし、それ以外はセルフサービスのブッフェスタイルでの提供。久々のビュッフェですが、彩りの良いサラダやフルーツ、そしてコールドミートを存分に楽しめたように感じます。


セルリアンタワー東急ホテル クラブラウンジでの朝食

卵料理は非常にシンプルな味わいで、こってりしすぎず、食べやすい印象。

全体を通して体に優しい、そんな朝食でした。


 

3−2. アフタヌーンティー

セルリアンタワー東急ホテル クラブラウンジでのアフタヌーンティー

スタンドでの提供でないのが惜しいですが、スコーンやスイーツの豊富さ、美味しさから力の入れようを感じさせる内容。


メニューはカシューナッツやマンゴーのスコーンに、タマゴサンド、プチシューやロシェ、フロマージュブランムースなど。


セルリアンタワー東急ホテル クラブラウンジのTWG Tea

併せて種類豊富なTWG TEAの紅茶を頂けるのは、個人的にポイントが高いです。

ちなみに、ノンアルコールドリンクはスパークリングワイン”Duc de Montagne”と、ノンアルコール版のミモザのみ。ラウンジ付きのホテルは禁酒令の影響をもろに受け、その魅力も大きく損なわれてしまっています...


 

4. カクテルタイム - ベロビスト

セルリアンタワー東急ホテル最上階40階に位置するメインバー「ベロビスト」。

通常営業時は、渋谷の夜景をバックにJazz Liveの美しい音色が響く、魅惑的でドラマチックなバーとなっています。


セルリアンタワー東急ホテル ベロビスト

残念ながら、滞在時はアルコールの提供もなかったため、ディナー前の1杯を楽しむべく、短時間での利用となりました。夜間の利用でないため、今回はその雰囲気をご紹介することはできませんが、禁酒令が解禁されてから再度訪れ、レポートしたいと思います...!


セルリアンタワー東急ホテル ベロビストのデュアルエモーション

こちらはダージリンティーをベースに、ローズやハイビスが添えられたフローラルで優雅なノンアルコールカクテル「デュアル エモーション」。ダージリン特有の芳醇な香りと味わい深さが美しい、午後から夜にかけて楽しめる一杯。


セルリアンタワー東急ホテル ベロビストのロイヤスタ

シナモンやバニラの甘さを感じさせつつも、上品なほうじ茶のロイヤルミルクティーの香り高さが美しい、バランスの良いカクテル「ロイヤスタ」グラスにはクラッシュド・アイスが敷き詰められており、梅雨の今、その清涼感が引き立ちます。


セルリアンタワー東急ホテル ベロビストの夜景

禁酒令が発令されてから様々なモクテルをオーダーしてきましたが、やはりどこか物足りなさを感じてしまう今日この頃...なかなかモクテルの上手い楽しみ方が見つからず、1杯程度で客室に戻ることがほとんどです。


 

5. チェックアウト

セルリアンタワー東急ホテル クラブラウンジでのチェックアウト

今回は初めての宿泊ということもあり、スイートルームやラウンジでの、ホテル独自のこだわりを楽しむことができたように感じます。総じて、プライベート以上に仕事でのシーンにこそ、その魅力が引き立つ、そんなホテルのように感じています。

次回こそはアルコール提供のある時期に宿泊し、さらに楽しみたい、そんな思いでこのホテルを後にしました。


 

6. セルリアンタワー東急ホテルの価格・プラン

2021年6月現在、依然としてGoToトラベルキャンペーンは中止の状況ですが(こちらは望み薄かもしれませんね...)、価格については気になる方も多いと思うので、こちらで書き留めておこうと思います。


セルリアンタワー東急ホテル コーナースイートの価格・プラン

今回の客室「コーナースイート」では、結論として一休.comのタイムセール利用が最安、直近では開業20周年プランでさらに格安で宿泊できるかと思います。

大人2名×1泊(朝食付)で、¥60,000程度(税サ込)となります。 ※休日も同様

一休の価格・プラン

参考ですが、他旅行系サイトの価格を含めた最安値(税サ込)の比較はこのようになっています。

・一休.com: ¥60,000程度

・楽天トラベル: ¥64,000程度

・じゃらん: ¥64,000程度

・公式サイト: ¥64,000程度


 

こちらも併せてご覧ください

他ホテルの宿泊記


ホテル予約情報

一休の価格・プラン
楽天トラベルの価格・プラン
じゃらんの価格・プラン
ホテル公式サイトの価格・プラン

Photo Gallery

Coupon

各社の高級ホテル・旅館の特集や、クーポン情報を掲載。​ご予約の際に活用ください。

SPGアメックス_11.jpg

ご招待案内を送付しました

限定タイムセール_太目.jpg
タイムセールまとめ_43.jpg
5と0のつく日は5%オフ
楽天ふるさと納税×楽天トラベル
じゃらん_15%オフ_43.jpg